New Zealand Tertiary College (NZTC)

専門留学

New Zealand Tertiary College (NZTC)
ニュージーランドターシャリーカレッジ

New Zealand Tertiary College
  • 種類 幼児教育、介護
  • 都市 オークランド、クライストチャーチ
  • 設立 1982年
  • 総学生数 2000名以上
  • 日本語サポート なし
programIELTSlevelWeeksTuitionMaterial Feecitystart date
1NZ Diploma in Early Childhood Education and Care 5.551yr$21,500$0 A&Cinq
2NZ Diploma in Early Childhood Education and Care6.061yr$21,500$0 A&Cinq
3Bachelor of Teaching (Early Childhood Education )7.073yrs$24,000/year$0 A&Cinq
4Graduate Diploma in Teaching (Early Childhood Education )7.071.3yr$31,000$0 A&Cinq
5Postgraduate Diploma in Teaching (Early Childhood Education )6.581yr$28,000$0 A&Cinq
6Master of Early Childhood Education6.591.5yr$40,000$0 A&Cinq

この他にもコースがあります。お気軽にお問い合わせ下さい。 

都市:A = Auckland, C = Christchurch

開始日:2021年 Feb, Apr, Jul, Oct. コースによって各月の開始日が異なります。詳細はお問い合せ下さい

New Zealand Tertiary College(NZTC)はニュージーランドでは数少ない幼児教育の分野を専門的に扱う私立の学校で、1982年より幼児教育の現場に優秀な人材を提供してきました。現在、オークランドとクライストチャーチの2箇所にキャンパスを持ち、年間2000名を越える学生と約300名の留学生が在籍しています。オークランド・キャンパスには留学生も多く、一方クライストチャーチでは現地の学生が多く学んでいます。

ニュージーランドの幼児教育の特徴的なカリキュラムと言われる「テファリキ」など理論的な分野もカバーする一方、監督付のフィールド・プラクティスや実践的仕事体験などプラクティカルな面も非常に重要と位置づけられています。オンラインでの学習も組み込まれており、コースによっては学校に行って教室で授業を受けると言うオーソドックスな授業形態とは異なるBlended Learningと呼ばれる形態を取ります。幼児教育コースはDiploma Level5からMasterまでと幅広いレベルでの開講です。

現地で正規の保育士として仕事をするにはTeaching Council(教職員協会)への登録が必要となりますが、NZTCのBachelor of Teaching とGraduate Diploma in Teaching を卒業すると、日本での保育士としての資格や職歴がなくても、Teaching Councilへ登録が可能となります。特に、Graduate Diplomaのコースは1年4か月ほどと就学期間もBachelorに比べて短く、日本で大学の卒業資格があれば、英語力の基準クリアは必要ですが入学は十分可能です。

多くの卒業生がニュージーランドの幼児教育の現場で仕事をしているため、業界とのコネクションも強く、学校在学中のフィールド・プラクティスや仕事体験のための保育所先も多いです。教授陣も元保育士の方が多いので、現場での豊富な経験を学生に伝えてくれます。

保育士はニュージーランド全土で不足している職種であり、移民局のRegional Skilled Shortage List(地域別人材不足職種リスト)にも掲載されています。それもあり、正規の保育士の資格を取得してから卒業後の就職の可能性は高めです。実際に、在学中の実習からそのまま、就職が決まるケースもある様です。又、Bachleorを終えれば、3年間の、Guraduate Diplomaの場合は2年間のPost Study Work Visaと言うワークビザに申請が可能です。

4)Graduate Diploma in Teaching (Early Childhood Education) Level7

この1年間と4ヶ月程のコースは、日本の大学卒業資格(どんな専攻でも可)を持っていて、現地で正規の保育士になりたいか方にお勧めです。コース修了後にはTeaching Councilへの登録が可能になります。

教室での授業による理論の習得に加えて、一連の実用的な内容がフィールド・プラクティスを通じて学習され非常に実用的なコース構成となっています。フィールド・プラクティスでは、異なる幼児期の設定、年齢層、教授法、幼児教育の哲学などを経験します。実践の場での学びに加え、対面の授業だけでなくオンラインでの授業も多数盛り込まれ、非常に柔軟に学習スタイルを形成することが出来ます。

入学条件とコース修了後

英語力の証明はTeaching Councilの基準に準じます。英語の公式テストでのスコアが必要となり、例えばIELTSではAcademic, Overall 7.0 以上、全てのBandで7.0以上が求められます。TOEFLやPTEも英語力の証明として受け入れられます。

日本の大学卒業資格(学士号)で、ニュージーランドの資格でLevel7と同等とみなされる資格が必要です。大学での専攻分野は問われませんが、日本の資格がニュージーランドのLevel7と同レベルであるか、NZQAでの有料の資格審査を受ける必要があります。

コース修了後には2年間のPost Study Work Visaに申請が可能です。

3)Bachelor of Teaching (Early Childhood Education) Level7

ニュージーランドで幼児教育について一から学び、Teaching Councilでの保育士としての正式登録も目指せるコースです。3年間の就学で、幼児教育の分野での需要を満たすために特別に開発された学習内容を理論から実践まで幅広くカバーします。コース修了後には、ニュージーランドで保育士として働く十分な知識と経験を備えて、様々な状況に対応出来ることを目指します。

特にコース内では、アセスメントやカリキュラムの計画作り、リサーチの方法を学び、実践の場でのリーダーシップの取り方なども含まれます。Blended Learningの為、授業で学んだことを実践で活かせるようなフィールドプラクティスの機会も数多くあります。

入学条件とコース修了後

英語力の証明はTeaching Councilの基準に準じます。英語の公式テストでのスコアが必要となり、例えばIELTSではAcademic, Overall 7.0 以上、全てのBandで7.0以上が求められます。TOEFLやPTEも英語力の証明として受け入れられます。

日本の高校卒業以上が入学基準となります。主要5科目で80%以上の成績が求められますが、高校の成績証明書を提出して学校の入学についての判断を仰ぎます。

コース修了後には3年間のPost Study Work Visaに申請が可能です。

4)Master of Early Childhood Education Level 8

幼児教育の知識も現場での経験も十分お持ちの方が、さらに保育所や幼稚園でのマネージメントなどに関わっていく場合に求められるレベルのコースです。教育現場でのカリキュラム、リーダーシップ、教育倫理などをコースワークを中心に1.5年間で学び、幼児教育のスペシャリストになる事を目指します。

留学生の就学はFace to Faceでの授業やオンラインでの授業、フィールドプラクティスなどが組み合わさったBlended Learningとなります。なお、このコースを修了してもTeaching Councilへの登録資格は取得出来ませんので、注意が必要です。

入学条件とコース修了後

英語力の証明はIELTSなどの英語の公式テストでのスコアが必要となり、例えばIELTSではAcademic, Overall 6.5 以上、全てのBandで6.0以上が求められます。TOEFLやPTEも英語力の証明として受け入れられます。

大学の学士号やNZSTのPost Graduate Diplomaなどの学位が必要です。

コース修了後には3年間のPost Study Work Visaに申請が可能です。

4)NZ Diploma in Early Childhood Education (Level 5&6)

最初からBachelor of Teaching (ECE)の入学基準をクリア出来ない場合は、Diplomaのコースから就学をし進学していくのも方法の一つです。就学内容はBachelorのコースと遜色なく、この二つのコースを2年間で修了して、IELTS7.0をクリア出来れば、Bachelorの3年目のコース(Level7)にも入学が出来、合計で3年間とBachelorで最初から就学するのと同じ期間でコースを終え、Teaching Councilでの登録に漕ぎ着けることが出来ます

Level5のコースでは幼児教育の理論を徹底的に学ぶ為、学校のクラスでの授業が中心となります。Level6はBlended Learning で実習の機会も増えてきます。

入学条件とコース修了後

英語力の証明はIELTSなどの英語の公式テストでのスコアが必要となり、Level5がIELTSではAcademic, Overall 5.5 以上、全てのBandで5.0以上、Level6がIELTSではAcademic, Overall 6.0 以上、全てのBandで5.5以上が求められます。TOEFLやPTEも英語力の証明として受け入れられます。

Level5の入学には高校の卒業資格必要で、Level6の場合は、幼児教育のLevel5かそれと同等の学位や知識の証明をする必要があります。

Level5と6のコースを2年間で完了すると、Level6コース修了後には1年間のPost Study Work Visaに申請が可能です。

入学金・事務管理費$0
学生ID発行費用$30
ホームステイ手配料$220
ホームステイ費用(18歳以上/週)要問い合わせ

※費用は2021年の料金です。

期間限定キャンペーン 

  • 2021年

  • 2021年

オークランドキャンパス

クライストチャーチキャンパス

返金規定
コース開始前まで必要経費として25%がキャンセル料となります。
コース開始後10日まで必要経費として25%が’キャンセル料となります。
コース開始後11日以降キャンセルによる返金は一切ありません。
*ビザが発給されない場合NZ$500がキャンセル料となり、残りの金額が返金されます。

※ 必要経費としての入学金、宿泊先手配料、返金にかかる銀行手数料などは、いずれの場合も返金はされません。
※ キャンセルはいずれの場合でもその理由を書いた英文書面での提出が必要です。
※ 日付は学校のキャンセル手続き依頼受理日を基準に起算されます。
※ 学生ビザでキャンセルをされる場合は、オリジナルの書類の返還、ビザ変更の証明を学校に提出する必要があります。
※ 返金は、当ニュージーランド留学情報センターを通じて行われます。
※ 当ニュージーランド留学情報センターキャンセル規定は、学校の規定を最優先とし、その後当社の規定が適用されます。
※ お申し込みの場合は、各学校のお申し込み内容の条件をすべて理解し、承認されたものとさせていただきます。
※ お申し込みは各学校のお申し込み用紙にご署名下さい。

必須お名前
日本語 

英語 
必須メールアドレス1
必須メールアドレス2
必須お電話番号
必須ご住所
必須年齢
必須性別
必須国籍
必須お問い合わせの種類
語学留学中学・高校留学親子留学専門留学シニア留学教師宅ホームステイ塾天その他
必須留学予定時期
必須お問い合わせ内容

Scroll Up