専門留学プログラム

専門留学プログラム

専門学校・コースの選び方

留学の目的を考える

1)キャリアアップの為の留学

語学学校である程度の英語力を付け、その次に英語を使って何かを勉強をしたい方。興味のある専門分野でちょっと資格を取得して、自分のスキルアップに繋げたいという方。

数日間のバリスタコースを始め、ポリテクニックなどの総合工科大学ではさまざまな分野のコースがあり、半年~1年位のCertificateコースやDiplomaコースがあります。入学時の英語力も低めに設定されているので入門コースとして最適です。

コース例

バリスタ、幼児英語教育、フライトアテンダント、ビジネス、ワイン、デザイン、ホスピタリティなど

2)就職を目的とする留学

資格を習得し海外でも就職に結びつけたいという方。コース入学にはIELTSで5.5-6.5位の英語力が必要です。就職にはレベルが低い場合は2年以上のDiplomaコース、3年間のBachelorのコース、大学院レベルになれば1年間のコースを選択し、又、自分のバックグラウンドを活かせる方がコース内でも有利になるでしょう。新しい分野に挑戦する場合には3年間のBachelorのコースを視野に入れましょう。卒業後は1年〜数年間のオープンワークビザが取得できるので、その期間に就職し、次のステップへ進んでいきます。

コース例

ツーリズム、ホスピタリティー、クッカリー、ビジネス、エンジニアリング、ITなど

専門学校のタイプを考える

ニュージーランドの専門学校には、私立の専門学校と、公立のポリテクニックと言われる総合工科大学が全国に18校あります。一般的には私立専門学校の方が短期集中形のコースを提供していますので、比較的早くコースが完了します。コースや目的とする資格レベルなどによって、どちらの方が良いかが決まってきます。

1) 私立専門学校系

ほとんどの私立専門学校がオークランドなどの都市部に集中しています。直接専門コースに入学するには英語力が足りない方は、英語学校を併設している学校や、提携している専門学校もありますので、英語学校から開始し専門学校へ進学という選択も可能です。

各学校のコースによって入学英語レベルや、取得出来るレベルが異なります。多くのコースが現地就職を考えたコース内容になっています。

学校例

ビジネス専門学校、トラベル専門学校、ホスピタリティー専門学校、ホテル専門学校、IT専門学校、料理専門学校、デザイン専門学校、美容・マッサージ専門学校、医療系専門学校など

2) ポリテクニック系

ポリテクニックはニュージーランドで比較的大きな街にあり、現地の方で大学に行かずにポリテクニックで実践的なスキルや資格を取得して就職する方も沢山います。

大学のような雰囲気で、長めの夏休みなどもあり比較的ゆっくりとしたカリキュラム設定となっています。私立専門学校などにはない特別なコースも沢山あり、公立の学校の為設備も充実しています。取得出来る資格も幅広く、例えばBachelor(学士号)はUniversity (大学)の学士号と同等ですが年間の学費は大学の約3分の2で、内容も実践的になっています。

コース内容例

ビジネス、IT、エンジニアリング、動物看護、自動車整備、ワイン製造、スポーツマネージメント、デザイン、農業、環境保護、美容師、看護師、保育士など

就職・移住目的の留学

ディプロマコース

ディプロマとは準学士の事を言い、1年から2年の就学期間でニュージーランドの公式な資格認定機関であるNZQAが認定するディプロマレベル5若しくは6を取得する事が出来ます。これまでの卒業資格や現在の英語力によって、レベルの高いグラジュエート・ディプロマコースや、大学院卒業資格取得コースなどのポスト・グラジュエート・ディプロマコースも選択肢として考えられます。

バチェラーコース

バチェラーとは学士の事を言い、日本で言う大学卒業の資格(学士号)のコースとなります。通常は3年の就学期間でニュージーランドの公式な資格認定機関であるNZQAが認定するバチェラーレベル7を取得する事が出来ます。今までの経歴とは違う分野を勉強し、現地での就職をお考えの方には特にお勧めです。私立の専門学校、若しくはポリテクニックで取得したバチェラーの学位はUniversity (大学)での学位と同等ながら、年間の学費を押さえて就学が出来るのも良い点です。又、移民局の「Long Term Skilled Shortage List」に記載されているバチェラーコースであれば、レベル7のコースでもパートナーが就労ビザに申請が出来、お子さんは現地学生として学校に通う事ができます(通常、学費免除)。

卒業後の就職と仕事

就学中にアルバイトができる条件の方は、できるだけ将来に繋がる分野でアルバイトをしましょう。仕事先に気に入ってもらえれば、学校卒業後にそのまま就職出来ジョブオファー(正式な契約書)をもらえる可能性もあります。又、コースにインターンシップが組み込まれているコースもあります。インターンで現地の職歴も得られますしインターン先に気に入って貰えれば、そのまま本就職の可能性も出てくるでしょう。

Level4-6のディプロマコースで2年以上の就学、Level7のコースでは1年間の就学をすれば1年間のポストスタディ・ワークビザ(PSWV)に、Level7のバチェラーのコースでは3年間の就学、Level8以上のコースでは1年間の就学で3年間のPSWVという就労ビザに申請ができます。職種や業種にかかわらず仕事ができるOpenと言われるビザです。直ぐに仕事ができるビザなので、会社側も雇いやすいという利点があります。この期間に頑張って働く事で雇用主に認めてもらい、正式なワークビザへ繋げていきましょう。将来永住権申請を考える方には、学校で勉強したエリアでの就職が有利です。

就学中に学校のキャリアカウンセラーに事前に就職相談などをして最新の就職情報を得たり、その時の就職動向などにも常に気をつけておきましょう。

資格とビザ

英語力によって、進学する学校やコースが変わってきます。また選択コースや取得できる資格によって、PSWV取得の有無が決まってきます。以前は多くの日本の方が2年間のディプロマコースを修了して、PSWVを申請していましたが、最近は1年間の就学からPSWVを申請する方、若しくはバチェラーのコースで3年間学んでPSWVを申請する方が増えています。

永住権申請

永住権申請の条件や最新情報は常に変わります。情報収集や申請は以下の方法があります。

1)ニュージーランド移民局のウェブサイトで確かめる。
2)ニュージーランド大使館の日本語サイトで確かめる。
3)日本のニュージーランドビザ申請センター東京のウェブサイトで確かめる。
4)IAA公認の移民アドバイザー申請代行を依頼。(日本人は数名のみ)

移住や永住権に関してのカウンセリングはライセンス制となっており、IAA公認移民アドバイザーか弁護士のみが許可されています。その為、ニュージーランド留学情報センターでは、一般に許可されている範囲内で、公開情報を基に客観的事実に基づきお客様に情報提供を行っています。紹介する学校やコースが確実に就職・永住権取得を保証する物ではない事を予めご理解、ご了承下さい

お問い合わせ・お申し込み

お申し込みご希望の方は語学・専門学校お申し込みフォームリンクより入力しお申し込み下さい。
お問い合わせフォームよりご質問も承っています。
学校一覧ページより学校の詳しい情報をご覧いただけます。

語学・専門学校
お申し込みフォーム

お問い合わせ
ページへ

専門学校
一覧ページへ

Scroll Up