ニュージーランドでもNZeTAとIVLが始まります。

NZビザ情報

ニュージーランドでもNZeTAとIVLが始まります。

ニュージーランド移民局
2019年10月からついに、NZeTA (NZ電子渡航認証)と IVL(海外渡航者観光保護税)が始まります。

ニュージーランドへの観光ビザ事前取得免除国の国民の観光ビザ入国にはNZeTAが必要となり、日本のパスポート保持者もこれに該当します。これまで観光ビザでの渡航の場合、事前の手続きは必要ありませんでしたが、10月1日以降に入国する場合、事前のNZeTA申請とIVLのお支払いが必要になりますので、ご注意下さい。

 

【概要】
*NZeTAは旅行前に申請、取得する必要があります。
*認証・発行までは最長で72時間以上の余裕を持って申請をしてください。
*NZeTAを取得していない場合、飛行機の搭乗や船への乗船が拒否される事があります。
*申請にかかる時間は約10分から15分程度です。
*一度申請するとNZeTAを使っての複数回の訪問が可能、最長で2年間が有効です。
*ニュージーランドで乗換をする場合はでもNZeTAの取得は必要です。
*日本で各種ビザ(訪問者ビザ、学生ビザ、WHビザ等)取得済みの方はNZeTAは必要はありませんが、IVLの支払いは必要です。
*NZの永住権保持者や市民権保持者もNZeTAの取得は免除されます。

【費用】

NZeTA
NZ$9.00(移民局のアプリから申請の場合)か、NZ$12.00(移民局のウェブサイトから申請の場合)

IVL
NZ$35.00

*ビザの種類によって支払う内容と方法が変わります。

詳しくは下記ウェブサイトをご参照下さいませ。

https://www.immigration.govt.nz/about-us/what-we-do/our-strategies-and-projects/eta-new-requirements

【ご注意】
弊社はビザコンサルティング会社のライセンスはありませんので、こちらのビザについてのご質問にはお答えする事ができません。ご了承下さい。

Scroll Up