市中感染の再発、アラートレベルの引き上げ

現地生活情報

市中感染の再発、アラートレベルの引き上げ


<携帯電話に入ってきた政府発表の緊急速報>

<アラートレベルの変更>
これまで、ニュージーランドは100日以上に渡って市中感染が確認されておりませんでしたが、残念ながら、昨日、オークランドにおいて、感染源が特定できていない4件の感染確認事例が発生しました。これを受け、本日12日正午より14日(金)の真夜中までの3日間、オークランドにて国内警戒レベル3を導入すること、また、同期間、オークランド以外の地域においてはレベル2を導入することが発表されました。これに伴い、オークランドの学校は本日より休校し、生徒は自宅待機となっております。生活に必需とされる業種以外は店頭での営業が中止となり、10名以上の集会などが禁止されています。
オークランド以外の地域につきましては、対策のための行動規制はありますが、通勤、通学などは通常通り行われ、学校は開講しています。

弊社のオークランド本社は本日より閉鎖し、スタッフは自宅勤務となり、お問い合せにはメールにて対応させて頂きます。
クライストチャーチ支店は営業しておりますが、ご来社は予約制とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程、お願い申し上げます。

<NZ入国後の隔離施設の有料化>
2020年8月11日より、ニュージーランドでの自主隔離施設利用が有料化されました。
渡航制限には変更はなく、依然、入国出来るのはニュージーランドの市民権、永住権保持者、その直近の家族、特別許可を得た就労ビザ保持者のみとなっております。

下記、在オークランド日本国総領事館よりのお知らせを引用いたします。

========================
【ポイント】
・8月11日より、NZ入国時の自主隔離施設利用が有料となります。
・料金は、大人一人目が3,100NZドルで、同伴者の人数や年齢に応じ加算されます。
・詳細は下記リンクをご参照ください。
〈NZ政府発表〉
https://www.beehive.govt.nz/release/managed-isolation-charges-start-11-august
https://www.miq.govt.nz/being-in-managed-isolation/charges-for-managed-isolation/

【本文】
現在、NZに入国する全ての方に14日間の自主隔離が求められていますが、NZ政府は今般、「8月11日(火)午前0時01分以降は、隔離施設の利用費用を入国者自身が負担しなければならない」旨決定しました。その概要は以下のとおりです。

1 請求費用(いずれも税込み)
・部屋を利用する一人目は3,100NZドル
・同部屋を共用する追加の大人は1名につき950NZドル
・同部屋を共用する追加の子供(3歳から17歳まで)は1名につき475NZドル
・3歳未満の子供は無料

2 課金対象者
課金対象は原則として以下のとおりですが、一定の条件を満たせば課金が免除されることもある模様です。判断に迷う場合は、下記「3」の問い合わせ先へご相談ください。
・現在NZ国外におり、本規則の施行後(8月11日午前0時01分以降)にNZに入国するNZ人であって、滞在期間が90日未満の者。
※ ここでいう「NZ人」には、クック諸島及びニウエ、トケラウの国民、Residenceクラスのビザ保持者、通常NZに居住しているオーストラリアの市民及び永住者も含まれる。
・本規則の施行後にNZを離れたNZ人。
・不可欠な労働者(Critical worker)として、入国拒否の例外措置を受けてNZに入国する者。
・一時ビザ保有者(Temporary visa holders)。ただし、国境が閉鎖された時に通常NZに居住しており、2020年3月19日以前にNZを出国した者を除く。

3 問い合わせ先
〈電話〉
+64 4 888 1670(NZ国外から、毎日NZ時間の午前8時から午後10時まで)
0800 476 647(NZ国内から、毎日NZ時間の午前8時から午後10時まで)
〈NZ政府サイト問い合わせフォーム〉
https://www.miq.govt.nz/about/contact-us/
========================

Scroll Up