ニュージーランドのコロナウィルスに関する現状

現地生活情報

ニュージーランドのコロナウィルスに関する現状

新型コロナウィルスに関するニュージーランドの現在。

newzealand_coronavirus

ニュージーランド政府は新型コロナウィルスへの対策として、2月3日付けで下記のように中国からの入国を制限する事を発表致しました。

・中国本土からの渡航者、または中国本土経由の渡航者全ての入国を拒否する。
・香港、台湾、マカオは例外とする。
・ニュージーランド市民、ニュージーランド永住権保持者とその直近の家族は例外とする。
・ニュージーランドを居住地とするオーストラリア市民、オーストラリア永住権保持者は例外とする。
・この措置は2月3日より14日間の予定だが、48時間毎に再考される。(2月24日時点で、この措置は3月3日まで延長)
・2月25日以降、過去14日間にダイヤモンドクルーズ船、および通知されたクルーズ船に乗船していた人の入国を拒否する事も発表されました。

今の所、日本からの直行便で渡航される生徒様への直接的影響はあまりございませんが、中国経由の便では渡航できませんので、経由便をご利用の方は代替の便が必要となります。ニュージーランド留学情報センターのサポートや空港送迎をお申し込みの方で、フライトの変更がある場合は、早急にお知らせ下さいませ。

また入国審査の自動ゲートが閉鎖され、ニュージーランド人を含む全ての入国者は入国管理官と対面での審査を受けることになりました。
学生ビザやワーキングホリディビザなどをEビザでお持ちの方は、入国審査の際に、必ずパスポートと一緒にビザのプリントアウトを提出するようお願いいたします。(ワーキングホリデーの方でパスポートだけを提出した為に、観光ビザで入国された方がいます。移民局のミスとはいえ、後日訂正にお金がかかった事例があります。)

さらにニュージーランド移民局の北京オフィスが閉鎖されたため、ビザの審査に時間がかかる事が予想されます。
これからビザ申請をする方には、早めのお手続きをお進め下さい。

現在の所、ニュージーランドでは新型コロナウィルスの感染者は確認されておりません。
各学校では、既に入国している中国からの生徒に14日間の待機期間を設けるなどの対応をしています。

ニュージーランド保健省の最新情報はこちらよりご確認いただけます。

newzealand_ministryofhealth_coronavirus

ニュージーランド留学情報センター

Scroll Up