Lincoln University

大学留学

Lincoln University
リンカーン大学

  • 種類 国立大学
  • 都市 クライストチャーチ郊外(リンカーン)
  • 設立 1878年
  • 総学生数 約3,050名
  • 学部 農業・生命化学学部(ブドウ栽培学、ワイン醸造学)、バイオ生態学、商学部、環境デザイン学部
人気プログラム レベル 期間 年間コース費用 IELTS 開始日
Bachelor of Agriculture 7 3年 $31,000/年 6.0 2月、7月
Bachelor of Agribusiness and Food Marketing 3年 $28,500/年 6.0 2月、7月
Bachelor of Tourism Management 7 3年 $28,500/年 6.0 2月、7月
Bachelor of Viticulture and Oenology 7 3年 $31,000/年 7.0 2月、7月
Graduate Diploma in Viticulture and Oenology 1年 $28,500/年 6.5 2月
Master of Applied Computing 9 1年 $45,000/年 6.5 11月

この他にも多数のコースがあります。お気軽にお問い合わせ下さい。 

リンカーン大学はクライストチャーチ郊外にあり、ニュージーランドで一番小さな国立大学です。クライストチャーチの中心街から南西へバスで約50分ほどのリンカーンという小さな田舎街にキャンパスを構えています。周りにはニュージーランドらしいのどかな景色が広がっています。スーパーやレストラン、カフェ、銀行、郵便局などの生活に必要なものは揃っていますので、生活な便利な地域です。

ワイン醸造学や農業学などの専攻分野が強いことで有名で、これらの分野を大学レベルで専門的に学ぶことができるのはリンカーン大学就学の大きな利点でしょう。大学敷地内には専用のヴィンヤードがあり、またコース中のインターンシップも充実していますので、より実践的な知識とスキルを学ぶことができます。また、クライストチャーチ・エリアの大学で、ツーリズムを学士号で学ぶことができるのはリンカーン大学だけです。学生の半分は留学生と海外からの移住者で、海外6カ国、16の提携大学から学生が留学している国際色豊かな雰囲気です。

2021年から始まるMaster of Applied Computingは、学士号があればITの学歴や職歴がなくても就学を目指せる修士号のコースです。今までの仕事を変えて、ITの業界での仕事を目指したい方には有用なコースとなるでしょう。

8つの寮がキャンパス敷地内にありますので、初めての大学留学でも安心して生活をスタートすることができます。リンカーンはやや郊外のエリアですので、ホームステイやシェアハウスですと通学のアクセスがあまり良くないことがあり、寮での滞在はオススメです。寮の申し込みは毎年期日が決まっており、すぐに満席になってしまうので、早めのお手続きがよいでしょう。

英語コースを持っているのもリンカーン大学の特徴です。リンカーン大学の英語コースでは、English for Academic Purposes (EAP)というコースで大学生活で必要になるアカデミック英語を学びます。どのような英語力でも申し込み可能ですので、学部コース等の英語力の条件を満たせていない人にも最適です。

1) Bachelor of Agriculture (Level 7)

ニュージーランドの中で最も大きな産業の一つである農業の分野を総合的に学ぶ学位です。この学位では、主に植物科学、動物科学、土壌科学、ファーム経営の4つ分野が主専攻となります。就学中では合計で28週間の就労(インターンシップ)も必須です。この就労体験では、酪農、羊または牛のファームなど、様々な種類の職場を体験することができます。

【必修科目例】
第一産業システム、農業システムの原理、食肉とウール産業、酪農製品科学、応用土壌管理など

2) Bachelor of Agribusiness and Food Marketing (Level 7)

ニュージーランドの中心産業である農業ビジネスと食品マーケティングについて集中的に学べるコースです。農業ビジネスと食品マーケティングは、急速に発展している分野であり専門知識の学習はもちろんのこと、コース中では18週間の就労(インターンシップ)をして、知識やスキルを現場で活かせるようにと配慮されています。

【必修科目例】
農業ビジネスの環境、農業ビジネスの統計学、農業ビジネスとフードマーケティングの戦略、ニュージーランドの商品とサービスにおけるマーケティング、国際的なフードシステムなど

3) Bachelor of Tourism Management (Level 7)

ニュージーランドだけではなく世界中で急速に成長している観光業を、今や国内最大の産業になっているニュージーランドで学べます。クライストチャーチのエリアで観光業をBachelor’s degree(学士号)レベルで学ぶことができるのはリンカーン大学だけです。このコースでは、観光産業で就職するための専門的な知識と実践的なスキルを十分に身に付けることができます。

【必修科目例】
観光学概論、ニュージーランド政府の観光産業の方針、マーケティング学、経営論、観光業のシステム、リクリエーション、スポーツアドベンチャー、課外活動、イベント管理学など

4) Bachelor of Viticulture and Oenology (Level 7)

ブドウ栽培学とワイン醸造学を専門的に学ぶ学位です。ワイン製造のためのヴィンヤードも大学敷地内にあり、本格的な環境の中でワインに関するスキルと知識を身につけられます。整った最先端の設備と環境でブドウ栽培学とワイン醸造学を専門的に学ぶことができるのは、国内ではリンカーン大学だけです。コース内では合計で18週間の就労(インターンシップ)も必須となっています。商業用のヴィンヤード、ワイナリー、ワインバーやワインショップなど、様々な場所でバランスよく就業経験を積むことができます。

【必修科目例】
ワイン産業概論、ワイン栽培学、ワイン科学原理、ヴィンヤード運営、ブドウの害虫と病気の管理、ワイン科学とテクノロジーなど

5) Graduate Diploma in Viticulture and Oenology (Level 7)

Bachelor’s degree(学士号)以上の学位をすでに持っている人が対象のコースです。ブドウ栽培学とワイン醸造学を1年間で集中的に学ぶコースです。これまでの学歴やキャリアなどをいかして、ブドウ栽培産業やワイン産業で仕事をしたい人に特にオススメです。

【科目例】
ブドウ栽培学、ワイン科学概論、ワインの質評価など(この他にも様々な科目があります)

6) Master of Applied Computing (Level 9)

リサーチの内容が含まれない、全く新しい12ヶ月のMaster(修士号)のコースです。このコースの入学では、ITの学歴や職歴が求められていません。学生が情報科学およびコンピューターテクノロジーの分野に移行し、テクノロジーの分野で能力を発揮出来る様に設計されたコースとなっています。就学内容は業界で求められているSoftware Developmentの分野のみになります。

最終学期には、業界のメンター/スーパーバイザーと約300時間、業界のプロジェクトに取り組みます。 この仕事の経験は実際の仕事を行う準備をするのを助けるように考えられて設計されています。

【科目例】
PythonSQLデータベース、Webテクノロジー(HTMLJavascript)、ソースコード管理、Agileソフトウェア開発(Scrum)

【入学条件】
・学士号保持者
・学士号の最終学年での成績がB平均以上
・IELTS 6.5(各技能6.0以上)以上
・学士号またはB平均を持っていない場合は、関連するIT関連の実務経験で入学を検討する場合があります。

【料金と奨学金】
・2020年のプログラム料金はNZ$45,000
・学士号の最終学年にB +の平均の成績を取得している場合、NZ$7000の奨学金を受け取れるチャンスあり

【オンライン学習オプション】
・コースを開始するためにニュージーランドに渡航出来ない場合は、最初の学期を海外からのオンラインで開始するオプションあり

Admission fee / Administration fee 授業料の中に含まれています。
Course-related costs 各コースにより異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。
Student Service fee 各コースにより異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。
Accommodation  部屋のタイプにより異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

※費用は2021年の料金です。

キャンセル規定
各コースにより異なります。詳細はお問い合わせください。

※ 必要経費としての入学金、宿泊先手配料、返金にかかる銀行手数料などは、いずれの場合も返金はされません。
※ キャンセルはいずれの場合でもその理由を書いた英文書面での提出が必要です。
※ 日付は学校のキャンセル手続き依頼受理日を基準に起算されます。
※ 学生ビザでキャンセルをされる場合は、オリジナルの書類の返還、ビザ変更の証明を学校に提出する必要があります。
※ 返金は、当ニュージーランド留学情報センターを通じて行われます。
※ 当ニュージーランド留学情報センターキャンセル規定は、学校の規定を最優先とし、その後当社の規定が適用されます。
※ お申し込みの場合は、各学校のお申し込み内容の条件をすべて理解し、承認されたものとさせていただきます。
※ お申し込みは各学校のお申し込み用紙にご署名下さい。

    必須お名前
    日本語

    英語
    必須メールアドレス1
    必須メールアドレス2
    必須お電話番号
    必須ご住所
    必須年齢
    必須性別
    必須国籍
    必須お問い合わせの種類
    語学留学中学・高校留学専門留学大学・大学院留学親子留学シニア留学教師宅ホームステイ塾天その他
    必須留学予定時期
    必須お問い合わせ内容



    -----専門学校、大学進学のお問い合わせの方は以下の項目もご記入下さい。-----

    留学目的
    現在の英語レベル
    英語検定試験 TOEICTOEFLIELTS英検その他

    点数
    取得年
    最終学歴と資格
    学歴以外の資格
    職務経験
    留学希望分野
    留学プラン


    [recaptcha]

      基本情報

      必須お名前
      日本語

      英語
      必須フリーメールアドレス
      任意携帯メールアドレス
      必須電話番号
      固定電話

      携帯電話
      必須住所
      郵便番号

      住所(日本語)

      住所(英語)
      必須生年月日
      必須年齢
      必須性別
      必須国籍
      必須ビザの種類
      必須パスポート
      パスポート番号

      発行日 有効期限
      必須日本の緊急連絡先
      名前

      電話

      続柄


      語学学校について

      任意希望の学校名
      任意希望のコース名


      任意コース期間
      から まで。(開始は月曜日、終了は金曜日)


      空港出迎えについて

      必須出迎え希望
      必須到着予定
      到着予定日 到着予定時間

      フライト番号

      まだ決まっていないので後でお知らせします


      宿泊方法について

      必須宿泊スタイル
      必須滞在期間
      のご到着日からの朝まで
      任意ホームステイの希望内容
      ペット
      子供
      家族の種類
      喫煙
      持病やアレルギー


      その他
      *ホームステイ先へのご希望は宗教や食事制限、各種アレルギーなどが最優先となります。抽象的なリクエストはお受けできません。


      海外旅行保険について

      ※ ニュージーランド教育省により、留学生の海外旅行保険加入が義務付けられています。
      ※ 保険開始日は出発日(日本を出発する日)、最終日は日本帰国日(日本に到着する日)をカバーして下さい。
      ※ ご自身手配の方は、学校と教育省が認める保険内容に加入し、英文の保険証書を学校へ提出して下さい。

      必須海外旅行保険のアレンジについて

      保険のページへ
      任意保険のプラン


      から まで
      任意診断書
      下記の質問にお答え下さい。

      1)過去12ヶ月以内に入院していた。

      2)これまで生命に危機を与える病状があった、またはその状態である。

      3)本申請時より過去6ヶ月間以内に医療関係者からの薦めや自覚症状により、治療が必要と思われていた病気や怪我に実際になった事がありますか?

      4)今現在、病気や怪我の治療を続けていますか?(スポーツ関連も含む)

      5)現在、投薬、服用治療等している。


      現地サポートについて (有料/オプション)

      任意現地サポート

      現地サポートページへ
      任意お申し込みプラン

      ※サポートご利用の方はお出迎え時の空港送迎が含まれています。
      ※現地サポートはオークランドとクライストチャーチのみご利用可能です。


      お小遣い同時送金サービス (無料オプション)

      任意お小遣い同時送金サービス

      授業料と一緒にお小遣いを送金をすれば銀行手数料も1回で済み、現地で受け取り可能。

      送金予定金額


      ・レートは請求書と同じレートを利用し、着金時に自動両替となります。
      ・NZドルに両替した後の変更やキャンセルはできません。
      ・お小遣い保管中は利子は付きません。
      ・現地に到着したら速やかに受け取ります。


      特記事項

      任意その他のご質問など




      規約・キャンセル規定

      [recaptcha]

      お電話は月〜木 7時-13時 (日本時間)