University of Otago

大学留学

University of Otago
オタゴ大学

オタゴ大学
  • 種類 国立大学
  • 都市 ダニーデン
  • 設立 1869年
  • 総学生数 約18,915名
  • 学部 法学、考古学、 開発学、教育学、地理学、生理学、歯科医学、医学、スポーツ関連学
人気プログラムレベル期間年間コース費用IELTS開始日
Bachelor of Medicine and Bachelor of Surgery76年*$35,216/年〜$89,107/年6.02月/7月
Bachelor of Dental Surgery75年*$35,216/年〜$100,085/年6.02月/7月
Bachelor of Arts73年*$26,364/年〜$34,755/年6.02月/7月
Bachelor of Health Science73年$34,398/年6.02月/7月
Bachelor of Applied Science73年*$32,394/年〜$34,398/年6.02月/7月

*学年、主専攻により年間授業料が異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。
この他にも多数のコースがあります。お気軽にお問い合わせ下さい。 

オタゴ大学は、1869年に設立されたニュージーランドで最も歴史のある大学です。ダニーデンというスコットランド移民によって開拓された小さな街に、メインキャンパスを構えています。このメインキャンパスは、世界で最も美しい16の大学の一校にもなっています。ダニーデンは学生の街として知られており、治安もよく生活にも便利で、常に若者の活気に満ちあふれている街です。すぐ近くには広大なオタゴ半島が広がり、ニュージーランドの大自然に囲まれた環境です。

世界大学ランキングでもオタゴ大学は高い評価を得ています。特に法学、考古学、 開発学、教育学、地理学、生理学、歯科医学、医学、スポーツ関連学の分野では世界の上位トップ100にランクインしています。2017年のQS世界ランキングで、スポーツ関連学は7位、解剖・生理学24位、歯科医学29位、考古学40位、開発学44位にランクインしています。

寮がキャンパス敷地内にありますので、初めての大学留学でも安心して生活をスタートすることができます。オタゴ大学のメインキャンパスを中心に、大学敷地内に15に及ぶ寮が点在しており、全体で小さな学生村のような雰囲気になっています。寮の申し込みは毎年期日が決まっており、すぐに満席になってしまうので、早めのお手続きをお勧めします。

英語コースを持っているのもオタゴ大学の特徴です。英語力が足らない方は、English For Otago(大学コース進学準備英語コース)から就学を開始することができます。学部コースへの英語力の条件を満たしている方でも、進学前の準備段階として、当コースでアカデミック英語を学ぶのも良いでしょう。また、ニュージーランドでの大学入学資格に達していない方は、ファウンデーションコースから学部進学を目指すことも出来ます。オタゴ大学の英語コースやファウンデーションコースの詳細は、こちらからご覧頂けます。

1) Bachelor of Medicine and Bachelor of Surgery (Level 7)

オタゴ大学の看板学部の一つでもある医学部の学士号コースです。合計6年間の就学期間で、ニュージーランドで医師になるための専門知識と実践的なスキルをじっくり学びます。6年間のうち、最初の3年間はダニーデンキャンパスで主に健康科学や医学、薬学などの講義を受け、専門知識を重点的に学びます。後半の3年間では、ダニーデン、クライストチャーチ、ウェリントンキャンパスに分けられ、前半の3年間で学んだ知識を医療現場でどのように応用するかを学びます。最後の6年目には、一年間のインターンシップ期間になり、実際の医療現場で従事することになります。コース費用は、学年によって差が出ます。詳しくはお問い合わせ下さい。

  • 入学条件:日本の高校卒業資格、またはNZの大学入学資格(UE)
    ※いずれの場合も、規定の成績を修めている必要があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • 英語力:IELTSアカデミック6.0(各技能5.5以上)
  • 就労:就学中は週20時間の就労が可能

2) Bachelor of Dental Surgery (Level 7)

オタゴ大学の歯学に関する専攻分野は世界の大学ランキングで29位に入っており、最先端の環境で歯学を学ぶことができます。当コースは合計5年間のコースです。1年目は、健康科学や医学、薬学など歯学の分野で必須になる専門知識を包括的に学びます。2年目には、クリニックでの従事の基盤となる解剖学、生理学、口頭生物学を土台に、生化学の分野を主に学んでいきます。3年目と4年目は、「歯科医と患者」という要素がカリキュラムの主要な要素になります。ここではクリニックで必須になる実践的なスキルを最先端の研究所で学びます。最終学年では、クリニックでの従事経験とリサーチプロジェクトを通して、これまで学んだ知識と経験を実践へと移していきます。

  • 入学条件:日本の高校卒業資格、またはNZの大学入学資格(UE)
    ※いずれの場合も、規定の成績を修めている必要があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • 英語力:IELTSアカデミック6.0(各技能5.5以上)
  • 就労:就学中は週20時間の就労が可能

3) Bachelor of Arts (Level 7)

アーツの学士号は、オタゴ大学で最も柔軟な学部課程プログラムであり、40を超えるアーツおよび社会科学の科目の選択や、大学の他の学部で提供される授業から学生が履修できるようになっています。 オタゴ大学では有名な地理学や開発学などもこのコースに含まれています。

主専攻としては1つまたは2つの主分野と、それを補完する幾つかの分野を学ぶことにより、詳細な知識を取得します。学生は、研究活動に熱心な教授陣によって教えられ、多様な学習タスクを学ぶことを期待されており、知的自立を育むことが求められています。

【主専攻分野】
人類学、アジア研究、聖書研究、中国語、キリスト教思想と歴史、古典研究、コミュニケーション研究、コンピュータサイエンス、経済学、教育学、英語、英語と言語学、ヨーロッパ研究、映画とメディア研究、フランス語、ジェンダー研究、地理学、ドイツ語、グローバルスタディーズ、歴史学、先住民族の開発/ He Kura Matanui、インフォメーション・サイエンス、日本語、言語と言語学、言語学、マオリ研究、数学、音楽、太平洋諸島研究、哲学、政治経済思想学、政治学、心理学、宗教学、社会学、スペイン語、スポーツの開発と管理、統計学、演劇研究、観光、言語と文化学

5) Bachelor of Applied Science (Level 7)

オタゴ大学のユニークな応用科学の学位は、科学の力とテクノロジーの力をビジネスの課題に関連付けます。 Applied Science(応用化学)のコースは、卒業生が起業家精神を備えた革新的な思想家になることを目指して学んで行く事を望んでいます。農業の分野や環境の分野、スポーツの分野まで、カバーする分野は幅広く、自分の興味に従ってコースを形作り、学んで行く事が出来ます。二つの主専攻を決めるか、一つの主専攻と幾つかの副専攻を学ぶかにより、実務経験と結合された応用科学の分野は卒業後のキャリアにも大いに役立つでしょう。

【主専攻分野】
農業イノベーション、応用地質学、水産養殖および漁業、計算モデリング、消費者向け食品科学、データサイエンス、エネルギー・マネージメント、環境・マネージメント、法医学分析科学、地理情報システム、分子バイオテクノロジー、体育、活動と健康学、ソフトウェア工学、スポーツと運動栄養学、スポーツテクノロジー

Admission fee / Administration fee授業料の中に含まれています。
Course-related costs各コースにより異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。
Student Service fee各コースにより異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。
Accommodation 部屋のタイプにより異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

※費用は2020年の料金です。

キャンセル規定
各コースにより異なります。詳細はお問い合わせください。

※ 必要経費としての入学金、宿泊先手配料、返金にかかる銀行手数料などは、いずれの場合も返金はされません。
※ キャンセルはいずれの場合でもその理由を書いた英文書面での提出が必要です。
※ 日付は学校のキャンセル手続き依頼受理日を基準に起算されます。
※ 学生ビザでキャンセルをされる場合は、オリジナルの書類の返還、ビザ変更の証明を学校に提出する必要があります。
※ 返金は、当ニュージーランド留学情報センターを通じて行われます。
※ 当ニュージーランド留学情報センターキャンセル規定は、学校の規定を最優先とし、その後当社の規定が適用されます。
※ お申し込みの場合は、各学校のお申し込み内容の条件をすべて理解し、承認されたものとさせていただきます。
※ お申し込みは各学校のお申し込み用紙にご署名下さい。

必須お名前
日本語 

英語 
必須メールアドレス1
必須メールアドレス2
必須お電話番号
必須ご住所
必須年齢
必須性別
必須国籍
必須お問い合わせの種類
語学留学中学・高校留学親子留学専門留学シニア留学教師宅ホームステイ塾天その他
必須留学予定時期
必須お問い合わせ内容

お電話は平日7:00-14:00 (日本時間)


Scroll Up