語学留学プログラム

語学留学プログラム

学校を決める際に、数多い学校リストから自分に最適な学校やコースを探すのは非常に難しいと思います。学校の特徴、コース別の説明などを説明していますので、学校選びの参考にして下さい。分からないことなどありましたらお気軽にメールでご質問下さい。

1. 都市を決める

Auckland オークランド

北島にあるニュージーランド最大の都市です。
私立の英語学校を始め、ポリテクニック・大学付属の英語学校など、大小様々な学校があるので、短期・長期の留学を問わず自分に合った学校を探しやすい場所です。また、ワーキングホリデーの方でコース終了後に仕事を探す場としても最適な都市です。学校が多い分、日本人・その他のアジア人の数も多めです。

Christchurch クライストチャーチ

南島最大の都市です。
オークランドに比べると学校の数は少ないですが、私立の英語学校・ポリテクニックの付属英語学校があります。自然の多い南島で英語を学び、少しは仕事もしたいと言うワーキングホリデーの方や自然派の短期留学にお勧めです。またオークランドに比べ、全体的に生活費が安いのが特徴。

Queenstown クイーンズタウン

南島西海岸にあるスキー・スノーボードのメッカとして知られる町です。
英語も勉強したいが同時にスキー・スノーボード・その他のアクティビティーも楽しみたい方、また一年を通して観光地でツアーガイドとして働きたいワーキングホリデーの方には最適な場所です。特にスキーシーズンには他にも色々な仕事もあります。学校は3校しかありませんが非常に人気があります。

2. 学校の大きさを決める

大規模校 (総学生数 200~400名)

良い点

  • 学校内の施設が整っている
  • 自分のレベルに合ったクラスで学べる
  • 色々な国の友達が出来やすい
  • 英語プラス、特殊コースがある

良くない点

  • 一クラスの人数が比較的多い
  • 学生が多すぎる
  • カウンセラーは常に忙しい
  • 学校によっては他のアジア人が多い

小規模校 (総学生数 100名以下)

良い点

  • 一クラスの人数が比較的少ない
  • 教師が生徒一人ひとりに接する時間が多い
  • 家庭的な雰囲気でアットホーム
  • 色々な面である程度融通が利く

良くない点

  • 総人数が少ないので、英語レベル分けが少ない
  • 自分のレベルに合ったクラスになるとは限らない
  • 施設や設備が良くない
  • 特殊コースは開催されるかどうかわからない

3. コースを決める

一般的にニュージーランドの英語学校では以下のようなコースが設けられています。

初心者コース

一般英語コース

  • 英語初心者、ワーキングホリデーの方向け
  • 読み・書き・聞く・話すを中心に、文法・発音なども学習
  • 午前中は文法の授業を、午後は会話中心の実践的なクラスが多い
  • フルタイム(20-25時間)、パートタイム(8-15時間)から選択可

ワーキングホリデーコース

  • ワーホリ用に作られたプログラム
  • 銀行口座の開設、フラットの契約、電話のかけ方、日常生活で使える会話、英文での履歴書の書き方、面接の仕方などを学ぶ

英語+アクティビィティーコース

  • 午前中は一般英語、午後から各種アクティビティー
  • 英語も学びたいけど楽しみたいという方にオススメ
  • アクティビティーはスキー・ゴルフ・サーフィン・ダイビングなど
  • 地方の学校では本格的なスポーツアクティビィティーが多い

教師宅ホームステイレッスン

  • 英語の先生宅でホームステイ+英語個人レッスン
  • 1日3時間、お好きな時間に設定可能
  • プライベートレッスンなので自分の弱点を強化できる
  • 1週間から滞在可能

中上級コース

ビジネス英語コース

  • 外資系、英語を使った職場への就職を希望される方用のコース
  • ビジネス英語の会話や聞き取り・読み書き、電話の対応、英語の書類の書き方、パソコン入力など実践的に使える英語を学習
  • ビジネスコースに進む方にもオススメ

IELTSコース

  • 試験対策として今までの過去問題を解きながら問題傾向の対策
  • 中級以上の英語レベル必須
  • コースの開催回数は多いが、開催日が決まっている場合が多い

Cambidgeコース

  • PET / FCE / CAE / CPE対策を実施
  • レベルによって受けるテストが異なり、PETは初級者向け、CPEが上級者向け
  • 8~12週間以上のコースで各試験の対策準備を行う
  • 年に2回から3回ほど

TOEFL、TOEICコース

  • 数少ないTOEFL、TOEICなどのコースを開催
  • TOEICの認知度が上がり、コースを開催する学校も増加
  • 最低人数が集まらない場合には開催されない場合あり

EAPコース

  • EAP (English for Academic Purposes)向け対策
  • NZの大学・ポリテクニック・高校へ進学を希望の英語力が進学レベルに達していない方向け
  • 授業は一般英語をさらにアカデミックにした内容
  • 授業のレベルは一般英語より高く、参加している学生の意識も高い
  • 中級以上の英語力が求められる

ファンデーションコース

  • NZの大学の高等教育機関への進学を目指す方のコース
  • 英語力、日本の高校卒業以上の学歴が必要
  • 大学の授業についていけるよう英語の授業を強化
  • 数学、物理、科学などの教科も学習
  • 十分な成績を残すと大学への入学可

4. 学校を選ぶ

学校一覧

学校一覧ページより学校をお選び下さい。

Scroll Up