ヨットメンテナンス 技術を生かして仕事中
E-CUBE
ヨットメンテナンス
海が好きで、セーリングが大好きな、私のための仕事です。
寺川 智子
ヨット「Georgia」メンテナンス
愛知県出身。
金城学院高等学校卒業後、ヨットショップで働く。次のプログラマーの仕事では販売管理のソフトを作っていた。ワーホリの準備で最初にしたことは日本から運ぶ車の輸出の手配。
ウェストヘブンマリーナに係留されているヨット「Georgia」のメンテナンスを仕事とする寺川智子さん。
15歳のときに両親の友人のヨットに乗せてもらったことがキッカケとなり、その魅力にとりつかれてしまった。
不思議でした。雑音は一切聞こえない、波を切って進んで行く音だけが耳に入ってくる。見えるのは海と空の青だけ。頭の上には太陽があって暑いはずなのに、Tシャツだけでは、腕にあたる風が冷たい。今では当たり前だと思っていることですが、初めてヨットに乗せてもらったときには一つ一つに感動しました。それ以来、ヨットに乗りたくて乗りたくて仕方ありませんでした。月に一回だけ行くことを許されていた私はいつもその日のことを考えていました。


高校を卒業してヨット関連のショップに就職。同時に地元で女性だけのヨットチームに入った。
セーリングを続けながらヨットの仕事ができるなんて幸せなことだと思っていたのはちょっとの間だけでした。結局、趣味と仕事を一緒にしてはダメだと思いました。休みの日にヨットに乗りに行くと、必ずと言っていいほどお客さんと顔を合わせるのです。すると自然と話が仕事のことになってしまう。相手がお客さんなので気を遣ってしまう。私は純粋にヨットを楽しみたかったのです。そんなときに、私のチームがアメリカのニューポートで行われるレースに参加することになりました。長期でアメリカに行くことになるため、これはいい機会だと思い一旦、仕事を辞めることにしました。


帰国後、智子さんはコンピュータープログラムの仕事をしながらセーリングを続けた。そしてニュージーランドにレースで来る機会を得た。

96年の3月にオークランドで開かれたAir New Zealand International Regattaに誘ってもらったのです。日本人は4人、キウイが4人の混成チームでした。その時に一緒に乗ったキウイは現在アメリカズカップを保有しているRoyal NZ Yacht Squadronのトレーニングプログラムコース出身の人達でした。すばやい動作や風の判断など、彼ら一人一人の技術の高さに私はただ驚くだけでした。
セーリングで寄港したり、語学学校に通ったり、それからもニュージーランドには7、8回来ました。


00年の9月に智子さんは再びNZへ来た。今度はワーキングホリディのビザでの入国であった。
私は4年に一度行われる世界一周レースに出たいと思っていました。それで、参加を予定しているアメリカのチームにコンタクトを取っていました。先方からは一度顔合わせにおいでと誘われていたのですが、英語で自分を上手に売り込む自信がなかったので、レースのある時期にアメリカでトライアウトをしてもらうことにしたのです。そこでの出来は上々でした。ただ、私に足りないモノも見えてきたのです。それはセーリング以外のこと、例えばマスト関連の知識やセールを修理する技術など、特に長いレースに出るのであれば修繕することを覚える必要があると思いました。それと英語コミュニケーションも必要に迫られました。
そこで、このままアメリカに残りチームに加わることも考えましたが、ビザの問題がありました。観光ビザでは仕事はできません。仕事をしなければ、その場所で生活をすることにはならない。他のチームメンバーは職を持ち、お金を稼いで、そしてセーリングをしています。私だけ仕事をしないでセーリングをしていては本当の仲間になれない気がしました。また職がなければ経済的にも苦しくなるのも目に見えていました。
それで、英語とヨットと仕事ができる環境で考えたら、ニュージーランドのワーキングホリディがうってつけでした。


日本で渡航準備をしている間、智子さんは仕事ができる可能性のあるニュージーランドの会社を調べた。

入国した日、既にこちらに来ていた友人の家にやっかいになることにしました。
もちろん日本にいて就職先を決めることはできませんから、こちらに来て次の日からリクルート活動を始めました。最初はマスト関連の会社を考えたのですが、男性には力で負けてしまいます。それでセールメーカーに絞って探すことにしました。
しかし、どうやって、探したらいいのか全くわかりません。新聞の求人広告?ランチバーの張り紙?バーに行って誰かと友達になってコネを作るの?など色々と考えました。友人も一緒になって頭をひねっていると、友人のお父さんの友達が家にひょっこり現われました。地元の人でキウイだし、何か知っているかと思い聞いてみると「それはコネでしょう」と言われてしまいました。そうか、やっぱりコネかと思っていると「セールメーカーで働きたいのだったらNORTH SAILSなんかどうなの?」と彼は言い、私が「そりゃ、いいに決ってるわよ」と返すと「じゃあ聞いてみるよ」と電話を取ったのです。そして「ここに一人、働きたいと言っている子がいるけど空きはあるの?」と話しているではありませんか。目を丸くしている私に受話器を置いた彼は「今日面接してくれるからNORTH SAILSに行きなさい。そこでクリスという人に会いなさい」と言い残して去っていきました。


2時間後、智子さんはニュージーランド屈指のセールメーカーであるNORTH SAILSの前に立っていた。

受付で恐る恐る、クリスさんに会いたいと言いました。しかし、クリスって誰?あなたは誰?とまるで不法侵入者が来たかのようにジロジロ見られました。どうしようか困っていると、奥から「あっ、そういえば」という顔でクリスさんが出てきました。そして工場を見学させてもらい、マネージャーを紹介されました。マネージャーはヨット話を少しした後「いつから来られるの」と聞いてきました。
私自身も当然、雇ってもらいたいのでここへ来ているわけですが、まさか自分が本当に雇ってもらえるワケはないと思っていましたし、第一、今日は挨拶程度で終わると思っていましたので初めは「いつから来られるの」と言われた意味がわかりませんでした。
私が聞き返しました。マネージャーからもう一度同じことを言われたときに、えっ、これってもしかして採用してくれるってこと?と半信半疑ながらも「来週の月曜日からです」と答えました。それで私の仕事が決りました。
朝の7時半から夕方の4時までが勤務時間でした。印象に残っているのは大きなヨットのセールを縫うときです。セーリング中に風を受けて力の加わる部分は強くするために布を何枚も重ね合わせ、最大では2センチほどの厚さになります。そこを縫う時はミシンの針は何度も折れてしまいます。ですから、縫い手は安全のためにメガネをかけて作業をします。またそれは一人で縫うことはできません。縫い手だけでは広げると6畳の部屋に入りきらないほど大きなセールを動かすことができないからです。セールを引っ張って縫い目を動かす人が必要になります。3、4人がベルトを腰に巻いて、その先のクリップでセールを挟んで、縫い手のスピードに合わせて引っ張っていくのです。
私はここで、職を得ることができたということと、自分が普段、何気なく使っていたセールがどのように作られていたかを知ることができたことの嬉しさで、毎日が充実していました。


仕事になれた頃、智子さんに新しい話が舞い込んできた。
NORTH SAILSに電話をかけてくれた人が私のところにやって来たのです。そして「Georgiaを管理してくれる人を探しているんだけどやらない?」と言われたのです。Georgiaとは2000年の10月に進水したばかりの53フィートの真新しいヨットです。しかし私はまだNORTH SAILSで仕事を始めたばかりです。まだこの会社を辞めたくはありませんでした。タイミングが悪すぎる気がしました。ただ、私がこの国に来た動機がメンテナンスの仕事がしたいということでした。しかもフルタイムでできるメンテナンスの仕事は日本では考えられません。それが女性であればなおのことです。
二度とまわって来ないチャンスだと思い、思い切って仕事を変えることにしました。


車で5分。仕事場がマリーナのヨットの上に変わり、渋滞もなく、ラジオの音楽一曲分の時間で通勤できるようになったと智子さんは言う。
Georgiaがいつレースに出ても万全の状態に保つのが私の仕事です。ウィンチの動きが悪ければ分解して調べます。ロープは切れそうな部分がないかいつも確認する必要がありますし、滑車の油差しも欠かせません。もちろんセールのチェックも怠れません。通常はNORTH SAILSと同じ7時半から4時までの勤務です。しかし、レース前になれば時間は関係ありません。修理が夜中までかかることもあります。しかし、私が手を抜けばそれが原因でレースで負けてしまうかもしれません。それは何より耐え難いことです。それでつらいと思ったことは一度もありません。
ここは楽しいことでいっぱいです。メンテナンスに携わるという仕事の内容だけでなく、海好き、ヨット好きに人たちと知り合いになれて、毎日好きな話題で話ができるのです。みんながセーリングを楽しんでいて、私もレースに出たいと言えば他のヨットでも乗らせてくれます。駐車場で呼び止められて「明日のレースに人がいないから一緒に出てくれ」なんてこともあります。ニュージーランドはやりたいことを明確にして、がんばればいろいろな可能性が出てくると思います。
海に出られるだけで幸せな私にとってはずっと暮らしていきたい国です。
前ページへ戻る

NZ留学情報センター:ホームへ戻る