園芸コーディネイター・造園設計士 技術を生かして仕事中
E-CUBE
園芸コーディネイター・造園設計士
ガーデニングを多くの人と楽しんでいきたいと思います。
前島 恵理
園芸コーディネイター・造園設計士
東京生まれ。
恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒業後、造園事務所勤務。94年にニュージーランドへ。造園、園芸に関する多くの仕事をこなす現在も常に新しい情報の収集は欠かさず、デザイン系の雑誌や本は必ず目を通すようにしている。ニュージーランドに来ておいしいと再確認したものは納豆。

90年に旅行ではじめて来たニュージーランド。そのときに見た花に魅了されてガーデニング留学をする。その後、ランドスケープデザイナー(造園設計士)としてオークランドで働くことになる。オークランド・ドメインの桜、ワイタケレ市の日本庭園などのビッグプロジェクトを手がける。
「東京で仕事をするのは窮屈でした、時間も空間も。それで外に出てみようと思ったのです」
 日本では造園設計事務所に勤務。都市計画、屋上庭園設計などをこなし、90年の大阪花の万博出展に伴う植栽設計や環状7号線の緑化計画などのビッグプロジェクトにも携わる。またフローリスト、フラワーアレンジメントなどの仕事も経験。そんな多忙な日本での生活にピリオドを打ったのは94年のことであった。  「当時、務めていた会社に世界の植物園のデータが載っている本がありました。それには名前、設立年、面積、職員数、植物の種類など詳しく掲載されおり、それを見ながら最も設立の古いダニーデンの植物園がいいなあ、なんて思ったのでそこのマネージャーに働くことができるのか?研修はできるか?という内容の手紙を書いたのです。そうしたらちゃんと答えが返ってきたのです。でもそれには『この植物園では研修プログラムはないが、ポリテックには園芸コースがあるのでそちらの門をたたいてみたらどうでしょう』という内容でした。見ず知らずの外国人の私の手紙に丁寧に答えてくれたマネージャーの返事に暖かいものを感じて、ますますニュージーランドで園芸を学びたくなり、早速ポリテクの資料を取り寄せました」


94年02月ダニーデンのオタゴ・ポリテクニックの園芸コースに入学する。同コースでは初の日本人学生となった。

 「私は読んで訳すという学校の授業が嫌いだったので、中学、高校と英語にはあまり興味がありませんでした。ですからこちらに来てからの授業は大変でした。午後に行われる剪定、挿し木、接木、などのフィールドワークは日本と変わりがないのであまり苦になりませんでしたが午前中の講義が苦労しました。授業をすべてテープに録音して帰ってから聞き返すという毎日で、それでも訛りがあって聞きとりにくく、同居していたキウイの友人に助けてもらい、復習をしていました。
 ここではネイティブの植物やニュージーランドの土壌について学びました。土は粘土質で排水があまりよくないこと、そのために土ごと取り替えることが多いことなどを知ったのはこのときでした」


その他の基礎的なことは恵泉学園短期大学の園芸生活学科時代に学んだことが生きたと言う。

「私が通っていた短大は非常にハードなところでした。花卉(観賞のために栽培する植物)、蔬菜(野菜)、果樹、畜産、食品加工、フローラルデザイン、一通りのことを学びました。学生時代にはスカートなんて一度もはいたことがありませんでしたよ。パンツに長靴が定番のスタイルでした。それでも楽しかったですよ。一番の楽しみはイチゴやトウモロコシなんかの収穫ですね。ミカンの収穫のときにはみんなポケットや着ているパーカーのフードにいっぱい詰め込んで、こっそり部屋に持ち帰って食べてました。印象に残っているのはテストですね。花を見て名前をあてるというものがありました。簡単そうに思うかも知れませんが一度に数十もの花の名前を学名、英名、和名、科名の4つを覚えるんですよ。ただ、花はまだいいのです、これが種になるともうパニックですよ、どれを見ても『種』にしか見えないのですから。それでもそのテストのおかげで固有名詞を使う話が理解できました。
日本で経験があるといっても、この国でキウイに『キンギョソウ』では当然通じません『Snapdragon』という英名で言う、あるいは専門家には『Antirrhinum majus』という学名を言えばわかります。基礎にそういった知識があったので早くこちらの学校に馴染むことができました」


94年12月のポリテク卒業後、帰国。ニュージーランドで働きたいという思いが強くあったため、実際に現地に行って直接交渉するしかないと翌年7月に再び入国。
「日本で造園事務所などは事前に調べておきましたのでオークランドに着いた翌日から会社を回りました。時にはアポなしで飛び込んでいったこともあります。そのときに、できることとやりたいことを明確にしておく必要を感じました。それはどこの会社でも聞かれるキーワードのようなものでした」

 8月下旬、受け入れてくれる事務所が見つかった。しかしそこでは名前を入れてもらうだけで給料はなし。自分の仕事は自分でみつけるという条件つきでの所属であった。

「ここではこれまで日本でしてきた設計の仕事だけでは済まされませんでした。広告、営業、精算すべてのことを自分ひとりでこなさなくてはいけなかったのです。デザインをしても見積もりだけで終わってしまったりして、初めて収入のある仕事を取るまでには3ヶ月かかりました」

ゆっくりではあるが着実に進んでいく職人肌。その地道な活動が認められ少しずつクライアントを増やしていった。一年後、オークランドドメインに桜の木を植樹するという話が入ってきた。

「1年くらいかけての大きなプロジェクトでした。日当たり、風通し、土壌を踏まえた植樹場所の選定、デザインの仕事でした。なかでも、もっとも気にしたことは雰囲気でした。そのために園路やベンチの設置も行い、公園と桜が違和感なく融合できるようにしたのです」


その後はワイタケレ市の日本庭園の造園時のコーディネイトにも携わる。そして現在はフリーランスの造園設計士として7年来チームを組んできたキウイの職人と一緒に庭の管理の仕事を中心に活動している。

「年間を通して管理を任されているお庭があるのですがそこでは作業と植栽設計と同時進行です。剪定や下草取りはもちろんのこと、この木は、この花はどのタイミングで切るのか、その後にはそこにどんなものを植えるのか。紙面の上だけでなく実際に土や植物に触れるからこそ出てくるアイディアもあります。
 これまで探究心にまかせて設計という仕事で走り続けていたような気がします。今、自分の仕事に対しての考えが少し変わりつつあります。できてしまって終わり、という設計ではなく、もっと長い間現場である『庭』というものと関わっていきたいと思っています。そのなかで日本とは異なるニュージーランド独自の材料を生かしながら、心地の良い自然な『庭』を造っていきたいと思っています。
 たった一鉢でもいいから自分が育てて見たいと思う、植物に手をかけている、その時間、そしてその空間のゆとりを大切にすることで、気持ちが豊かになる、ガーデニングを多くの人と、楽しんでいけたらと思っています」
前ページへ戻る

NZ留学情報センター:ホームへ戻る