歯科衛生士 技術を生かして仕事中
E-CUBE
歯科衛生士
ニュージーランドでも歯科衛生士を続けています。
藤本 恵美子
Albert Street Dental Care - Dental Hygienist(歯科衛生士)
横浜市出身。
鶴見大学短期大学保健科卒。在学中には養護教諭の免許も取得。趣味のトレッキングには、大雨で増水した川を胸までつかりながら、横切ったこともあるという。

9人の歯科医、スタッフは総勢45名。ビルが丸ごと歯科医院になっているAlbert Street Dental Care。オークランドの街の真ん中にあり、診察時間は朝の7時から夜8時まで。そのため利用者の多くはビジネスマンである。時にはオークランド港に入港した船員さんが駆け込んでくることもある。そこで歯科衛生士として勤務する藤本恵美子。ニュージーランドでも日本での経験を生かした仕事がしたいという意志が今の職場を見つけ出す強い動機となっていた。
 10年前に初めてこの国に来ました。その時はいわゆる旅行会社が主催するツアーでした。そこでニュージーランドが大好きになりました。理由は「自然の美しさ」です。その後、休暇の度にトレッキングに足繁く通ってきたのです。
 ミレニアムの時は南島のFarewell Spitで暴風雨の中、日の出を待っていましたし、去年は5ヶ月かけて、トレッキング&キャンプもしていました。


自然を通して惹かれたニュージーランドで暮らしてみようと思ったのは98年のことであった。
 日本で歯科衛生士を16年続けていました。ですから、ニュージーランドでもその経験を生かした仕事に就きたいと最初から考えました。そのために色々と下調べを始めました。
 アクションを起こしたのが日本でしたから、まずはニュージーランド大使館へ問い合わせをしました。するとダニーデンのオタゴポリテックに関しての資料を頂きました。ただ、私は学校へ通うのではなく日本での免許を書き換えて仕事をしようと思っていましたのでその旨を説明したところ、ニュージーランドの歯科医師会の連絡先を教えていただきました。
 さっそく、連絡しました。郵送の時間も待てないくらいに、気が急いていましたのでファックスで送りましたが、返事はありませんでした。
 しかし、2、3ヶ月経った頃のことです。忘れかけていた時に返事が来ました。ただ、それは歯科医師会からではなく、歯科衛生士会からでした。そこにはNZで歯科衛生士として働くにはどうしたらいいのかという事が書かれていました。歯科衛生士会の入会のことやビザのこと、また仕事の情報をくれる仲介業者のことなども記されていました。
 
 送られた資料を元に日本の免許を翻訳したもの、学校の単位証明、日本のドクターの推薦状など、Dental Hygienist Association入会に必要な書類を集めて送った。それと同時に就職先のリサーチも始めた。それはNZの歯科医療機器販売の会社と連絡を取り、ニュースレターを送ってもらうこと、インターネットでジョブサーチのサイトにアクセスしてチェックすることであった。  いろいろとリサーチをしているうちに歯科衛生士の採用が少ないことがわかってきました。そうなれば、ビザに関しても問題がでてきます。そこで、私は先にパーマネントを取った方が仕事探しには有利だという結論に達したのです。間もなく、Dental Hygienist Association の証書が届きました。その後はビザ取得に関しての書類を集めることと、ニュージーランドでの就職先を探すことに本格的に取り組み始めました。


しかし、ニュージーランドの就職戦線も甘いものではなかった。

 日本にいてもできることはありました。まず、インターネットでNZのイエローページを検索し、そこに載っている歯科医院をセレクトしてCVを送りました。また、NZで歯科医療機器のメーカーが出版している雑誌を取り寄せ、そこのクラシファイドに就職希望の広告を出しました。
 しかし、返事が戻ってきたのは一件だけでした。場所は南島のブレナム。「「あなたのキャリアに興味を持っています。入国したら是非、会いたい」というものでした。その時、私自身はこの返事をくれた歯科医院で働けると思っていました。


NZで仕事をしようと思ってから約4年後の02年1月にニュージーランドに入国。そのまま、連絡のあったブレナムの歯科医院へ向かった。
 しかし、そこでは色よい返事はもらえませんでした。勤務条件が週1回のパートタイムだったのです。その後募集広告を見て応募もしてみましたが、別の人が採用されたと言う結果を聞きガッカリするということもありました。レターも数多く出しましたが、返事はありません。やはり、仕事をするのであればオークランドしかないと思い、すぐに上がって行きました。
 オークランドではまず、職業安定所に相談に行きました。そこでは「私たちが持っている求人情報にはあなたのようなプロの仕事はない」と言われてしまいました。ただ、私のことを心配してくれたオフィサーはカバーレターにボランティアの仕事をする準備があるという一文を加えるようにアドバイスをしてくれたのです。
 しかし、今回はこれまで来ていたように旅行目的ではありません。懐具合も気になります。なんとか早く収入源を見つけないといけないという焦りがありました。ボランティアの準備があるという言葉は最後の手段にしようと思い、書きませんでした。 その後はドアノッキング、つまり、直接訪ねることを始めた。職安のオフィサーのアドバイスを敢えて受け入れなかったからこそ、なんとしても見つけなければいけないという思いは1日ごとに強くなっていった。
ドアノッキングは私にとって非常に抵抗がありました。なにしろ今までそのような形で就職活動をしたことがなかったからです。ただ、これまで郵送、ファックス、e-mailなど、日本から送ったものも入れれば7,80件にはなりましたが、面接までこぎ着けたのはブレナムの一件だけです。もう、飛び込んで行くしかないという思いで、ドアノッキングを始めました。
 その、初日のことです。午前中にCVを持ち込み、その日の午後、タクシーの中でちょうど次の歯科医院へ行こうと思っていたときに電話がありました。明日、面接をするといったものでした。結果は日本での経験年数が評価され、採用になりました。
これまでの無駄だと思えた努力も報われたという思いと、運とタイミングもあるんだなと感じました。


面接をしたPractice ManagerのCindy Knowlesは語ってくれた。
彼女にとって言葉はあまり問題ではありませんでした。事実、面接では私とちゃんとコミュニケートできましたし、今でも患者さんとの間にその問題はありません。それよりも、歯科衛生士としての経験や知識に加えてフレンドリーな人柄は私にとって大きな魅力で、それらが採用の決め手となりました。また、その後の話ですが、彼女の勤務に対する態度、特に私たちの要望に対して柔軟に応えてくれるところは新しく見つけた魅力の1つです。


歯科衛生士の仕事というのは予防というところに大きなポイントがあるという。歯や歯グキのチェックをして予防に対してのアドバイスを行い、歯石を取り除いたり、歯ブラシ指導などをする。
 日本では歯科予防に力を入れている先生に師事し、その歯科医院に勤務していました。そのため、歯科衛生士向けの雑誌に記事を書いたり、講習会の講師の依頼を受けたり、ビデオの作成に携わったりして、数多くの勉強するチャンスを貰いました。
 ここでも、その成果を活用したいという気持ちがあります。幸い、現在務めているところでは、日本で務めていた歯科医院同様、提案した事柄に対して、頭ごなしに否定されることはありません。前向きなディスカッションを行い、常に前進しようとする意志をスタッフは持っています。
 日本でもニュージーランドでも歯科衛生士にとって大きな問題は時間です。通常の定期検診では歯科医師の検診、歯科衛生士のクリーニング、レントゲン撮影がセットになっています。それで一人の患者さんに45分という時間はすぐに過ぎてしまいます。しかし、その上で私は一番大切な歯磨き指導を行おうと思いアクションを起こしました。そのため、仕事の効率を上げようと、指導のポイントを絞ったり、時にはマネージャーに時間を延ばすように申請したりしました。
 その結果、現在はその指導に対しての効果が現れ始めていますし、患者さんからも信頼されるようになってきました。帰り際に「See you next time」と声をかけてくれるのが一番嬉しい瞬間です。
 ここでは患者さんの歯の予防に対する関心が非常に高いということを感じています。なにより、治療ではなく、定期的な検診を受けに来る人が多いということがそれを証明しています。そういった関心が高いだけにしっかりとした説明が要求されてきます。私の指導に対しても患者さん自身が積極的に取り組み、質問も多く受けることもあります。


院内で取り扱う歯ブラシは恵美子の提案で新しい種類のものが導入された。今後も新しい提案をしていきたいという。
 ここの歯科医院では書類などの作成はすべてコンピューター化していて、どの治療室にも端末が置いてあります。それを使ってデジタルカメラで口内を撮影し、歯ブラシの練習の成果などを患者さんに実際に見てもらうことを今、考えています。小さなことですが、今後も、もっと色々なことを取り入れて行きたいと思っています。
前ページへ戻る

NZ留学情報センター:ホームへ戻る