ニュージーランド 専門学校 ウェリントン【2017年度】
The Campbell Institute
キャンベル・インスティテュート
宿泊施設 写真集 前の学校 学校一覧 次の学校
学校概要 ホステルあり アカデミック ニュージーランド留学情報センターオークランド校もあり
Capital Language Academy

ウエリントンはニュージーランドの首都であり政治の中心地です。各国からの大使館やニュージーランド国内企業の本社機能が集中しており、街全体的に落ち着いたオシャレな雰囲気があります。 北島と南島の間の海峡に面しているため、海峡を吹き抜ける海からの強い風が有名で、風の町『ウィンディーウェリントン』と呼ばれています。

もともと、日本人を含めアジア人学生が少ない都市ですので、オークランドやクライストチャーチ以外で勉強をしようと思っている方には非常にお勧め出来る都市です。 The Campbellは真剣に勉強をしたい学生さんのための環境作りを重視し、教師陣は言語の指導だけではなく学生の自立、創造力、学習力をも向上出来るよう努めています。進学を目指して英語を学習している学生も比較的多く在籍しているため、真剣に学習に励む学生の姿が印象に残ります。

The Campbellで最も人気があるのは一般英語コースで、コミュニケーション、旅行、仕事で必要とされる英語力の伸ばすには最適のコースです。他にも、IELTSやCambridgeの試験対策コースやビジネス英語のコースも提供しており、試験に向けてじっくり学びたい学生に最適です。一般英語と合わせてボランティアやデミペアのコースもあり、英語力を向上させてから英語を使っての活動にも積極的です。

ニュージーランド8大学の中の一つ、ビクトリア大学のプレ・ファンデーションコースを開講していることからも、教育業界から厚い信頼を得ている学校であることが分かります。又、Cambridge CELTAと言う英語教授の資格コースもあり、これは選ばれた学校でしか開校出来ませんので、この点からもThe Campbellの学校としての質の高さがうかがえます。

ホームステイ以外の滞在先手配も積極的に代行してくれますので、ホームステイに不安がある方にもお奨めです。


コンボコース  オークランドウェリントン クイーンズタウン
 全国3都市3学校を経験できるお得なコンボコース提携校です。
 詳しくは ニュージーランド留学情報センター コンボコースページをご覧下さい。
総学生数

110人

教師数 11人 教室数 15室 レベル数 6レベル
日本人% 11%平均 平均年齢 23歳 クラス人数 最16人
平12
国籍制限 無し
入学日 毎週月曜 入学テスト 入学日 申込週数 2週間〜 年齢制限 14歳以上
国籍バランス

日本20%、中国17%、タイ12%、韓国12%、台湾8%、コロンビア5%、フランス3%、ブラジル3%、ベトナム3%、スペイン2%、サウジアラビア2%、チリ2%、アルゼンチン1%、カンボジア1%、ドイツ1%、ヨルダン1%、マカオ1%、メキシコ1%、オマーン1%、スイス1%、ウクライナ1%、香港1%(2017年7月現在)

日本人スタッフ 現地スタッフ(ネイティブレベルの日本語) アクティビティー 平日:ほぼ毎日 週末:その時々により異なる
宿泊施設

ホームステイ、ホステル

ホームステイの食事数       3食 
インターネット 使用台数 9台 使用料金 無料 日本語環境 読み書き可
学校施設

コンピュータ、インターネット、自習室、冷蔵庫、電子レンジ、コーヒー&紅茶、図書館


期間限定 キャンペーン 2017

長期就学スペシャル(日本人向けプロモーション:弊社に2017年12月15日までに申し込みの方)

10週間以上のフルタイムの御就学で1週間の無料週プレゼント
20週間以上のフルタイムの御就学で2週間の無料週プレゼント

*一般英語・IELTS 準備 コース、高校準備コースで御就学の方のみ適用。
ワーキングホリデー・スペシャルとは組み合わせることが出来ません。


コース構成
一般英語コース/ ワーキングホリデービザ保持者の為の英語コース
フルタイム 23時間 ※<各コース共通項目>
左記の時間に、会話クラス1時間+発音クラス1時間+コーヒークラブ1時間(参加は自由)が追加で参加出来ます。
午前パートタイム 15時間
午後パートタイム 8時間

※ワーキングホリデービザ所持者の学生は、同コースを割引料金で受講できます。
※授業とは別にLanguage Workshopという時間が別途準備されています。各15分ずつ(合計30分)の無料の個人指導で、内容は学生さんの希望次第となります(会話、テスト対策、文章の添削など)。
※Cofee Clubとは月曜日の放課後に行われる参加自由形の会話クラスです。

Business English コース

仕事で英語が必要な方、スキルアップに先駆け英語力を高めたい方や仕事で流暢に英語を使いこなしたい方に最適の午後選択コースです。※午前は一般英語コースまたはIELTS試験準備コースへの参加となります。

コース内容 ・ビジネス英語に必須となる語彙、文法の習得
・ビジネスの場面で使える聞き取りと会話のスキルの習得
・仕事で必須となるEmailの書き方、ビジネスレターの書き方
・交渉が出来る程度の流暢な英語力を習得
コース期間 全8週間コース(2モジュールに分かれます。1モジュール=4週間。)
※最低でも1モジュール=4週間の参加が必要です。
開講開始日 スケジュールはお問い合わせ下さい。
英語力 Intermediate(中級〜)以上の英語力。

試験対策コース
IELTS対策コース
毎週模試を行ったり、資格を持つ先生からスピーキングインタビューも無料で受ける事もできます。

期間 2週間から48週間まで、毎週月曜から開始可能
英語力 Intermediate(中級〜)以上の英語力。

ケンブリッジ試験対策コース(CEA12週間)
ケンブリッジ試験の対策コース(フルタイム、パートタイム)です。 CAE (level 4)が受講できます。
※Intermediate(中級〜)以上の英語力。英語レベルチェックテスト(メール添付・電話面接)により受講できるかどうかを判定します。

CAE
2017年
フルタイム26時間か
パートタイム18時間

01月30日〜04月21日(試験日:04月22日)CAE
03月13日〜06月02日( 試験日:06月07日)CAE
09月05日〜11月24日(試験日:11月29日)CAE

Intensive Cambridge
Preparation Course
パートタイム15時間 05月29日〜06月02日( 試験日:06月06日)
11月20日〜11月24日( 試験日:11月28日)
※CAEは12週間(パートタイム$3840/フルタイム$5100)
※当校はウェリントンでのケンブリッジ試験の指定試験場になっています。
※試験費用(約$335)、教材費($60)が別途必要となります。

The Campbell Institute Bridging Programme (プレ・ファンデーションコース)
受講にはIELTS 5.0以上の英語力が必要です。ビクトリア大学に認められた、大学進学準備(ファンデーション)コースへ入学する前に受講するプレ・ファンデーションコースです。

当コースで規定以上の成績を修めた学生は、ニュージーランドのビクトリア大学ファンデーションコース、New Zealand International Campus,The Open Polytechnic of New Zealand, Natcoll Design Technology、Whitireia Polytecnic, オーストラリアのLe Trobe University、The University of Tasmania、The University of Ballarat、Swinburne University of Technolody、 Central Queensland Uninversityなど各学校への入学(IELTS 5.5で入学が許可されるDiplomaコースのみ)が認められます。

一般英語 + ボランティアプログラムコース
英語コース 8週間のフルタイム英語コースは必須
ビザ ワーキングホリデービザ
英語力 Intermediate(中級)以上の英語力。インタビューテストあり。
コース

【エコロジー/アニマルケア】
英語コース終了後に最高20週間までボランティアができます。
● 国立公園での仕事各種(クリーニング、ガーデニング、ファーミング、カフェ、プラント、標識整備、ゲスト対応、バードサーベイ、草取り、などなど)

【ソーシャル/コミュニティー】
英語コース中の放課後に活動します。
● Katherrine Mansfield記念館での仕事(受付、説明、コレクションケアなど)
● NPOでのカウンセリングやサポート業務の補佐


一般英語 + バリスタ・トレーニングコース 

一般英語コースを4週間以上お申し込み頂き、在学期間中に週3時間(金曜日の午後に3時間)を4回バリスタトレーニングコースを受講いただきます。当トレーニング開始時に、中級レベルの英語力があることが望ましいコースです。

トレーニング内容には、コーヒー豆の焙煎、エスプレッソマシーンの説明、カフェ内見学、DVDなど視覚教材を利用したコーヒーの歴史についての簡単なレクチャー、実技(豆の挽き方、エスプレッソの作り方、ミルクの泡立て方、実際にコーヒーを作る)が含まれる。

最小催行人数5名以上。コース修了時は、バリスタコースを開講する専門学校より認定書が発給されます。
Demi-Pair Programme(デミ・オーペアプログラム)

各家庭に住み込み手伝いとして滞在しながら、午前中は英語のレッスンをするプログラムです。週15時間の勉強と約20時間の労働に約$70のお小遣いが渡されます。仕事内容は、子供の世話と家事全般です。
当コース参加は18歳以上のワーキングホリデービザと中級以上の英語力が必要です。選択される午前中のコースにより参加費用が異なります。

英語コース 午前中は週15時間レッスン(一般英語・IELTS)+午後は20時間のオーペア
英語力 Intermediate(中級)以上の英語力
サポート内容 空港送迎・オリエンテーション・プログラム期間中の保険・デミペアー先の手配・緊急連絡先と携帯電話(保証金の$50が必要ですが、終了時に返金されます
必要書類 ※ワーキングホリデービザ
※パスポートサイズの写真2枚・世話をしている子供と映ったスナップ写真・保育所等からの推薦状2通・無犯罪証明書・ホストファミリーへの自己紹介文・健康診断書
料金

ワーホリビザ12週間〜:NZ$3360〜 
学生ビザ14週間〜:NZ$4340〜


Job Hunter Preparation Service

フルタイム/パートタイムコースなどの就学に合わせて追加で参加できる、ワーキングホリデー学生を対象にしたプログラムです。マンツーマンで30分のレッスンが2回行われます。
当プログラムには、正しい英語を使用した英文履歴書やカバーレターの作成、面接内容の理解、テクニックやアピールの仕方を練習が含まれます。
料金:NZ$65

▲TOP

コースと授業料
一般英語コース
IELTSコース
TOEIC(AM)
高校準備コース
フルタイム/
週26時間
1-12週間
NZ$410/週
ケンブリッジ以外は、各種対策コースも同料金
13-24週間
NZ$395/週
25-40週間
NZ$380/週
41週間以上
NZ$360/週
午前パートタイム/週15時間
1-12週間
NZ$320/週
 
13週間以上
NZ$305/週
午後パートタイム/週8時間
1-12週間
NZ$230/週
 
13週間以上
NZ$215/週
ワーホリスペシャル料金
フルタイム
 
NZ$340/週
入学金NZ$80
午前パートタイム
 
NZ$280/週
午後パートタイム
 
NZ$215/週
ケンブリッジ試験対策コース
12週間
フルタイム
NZ$5,100
CAE
受験料($335)別途必要
12週間
パートタイム
NZ$3,840
ボランティア  
NZ$425
 
バリスタトレーニング
毎月開催
NZ$495
(お問い合せ)
4週間以上のフルタイム英語コースと合わせてお申し込みください。
Job Hunter Preparation Service
料金
お問い合せ
 
個人レッスン(60分)
1時間

NZ$105

1時間・個人レッスン
▲TOP
諸経費
入学金
8週間またはそれ以上お申し込みの方
NZ$220
7週間以下お申し込みの方
NZ$110
ワーキングホリデービザ保持者のみ
NZ$80
ケンブリッジコース申込者
NZ$220
空港出迎え料
ウェリントン空港:NZ$70
オークランド空港:NZ$90
オークランド空港乗り継ぎアシスタント
NZ$150.00
ホームステイ手配料
18歳以上
NZ$215.00
18歳未満
NZ$315.00
ホームステイ料(1日3食付き)
NZ$275/週(18歳以上)($40/d)
NZ$290/週(18歳未満)($45/d)
テキストブック/リソースフィー
NZ$60
▲TOP

諸経費
 
4週間
8週間
12週間
24週間
パートタイムAM

NZ$2835

NZ$5285

NZ$7705

NZ$14485
フルタイム

NZ$3195

NZ$6045
NZ$8785

NZ$16645

*上記の金額に含まれる物:入学金、授業料、ホームステイ手配料、ホームステイ代 、テキストブック、空港で迎え(ウェリントン)などすべて含む。*このお見積もりは予告無く変更になる場合がありますので、参考までにしてください。

▲TOP

キャンセル規定
5週間未満お申し込みの方 コース開始日より2日目まで:授業関係費の50%のキャンセル料。必要経費は返金いたしません。
5週間〜11週間お申し込みの方 コース開始日より5日目まで:授業関係費の25%のキャンセル料。必要経費は返金いたしません。
12週間以上のお申し込みの方 コース開始日より10日目まで:授業料の10%か500ドルのいずれか少ない方のキャンセル料。必要経費は返金いたしません。
上記以外の学生 上記規定日以降はキャンセルによる返金は一切致しません。
ホームステイ 1週間前の書面通達、又は1週間分の手数料の支払いにより、未使用分の返金。
必要経費とは、入学金、宿泊先手配料、返金にかかる銀行手数料など。
キャンセルはいずれの場合でもその理由を書いた英文書面での提出が必要です。
日付は学校のキャンセル手続き依頼受理日を基準に起算されます。
学生ビザでキャンセルをされる場合は、オリジナルの書類の返還、ビザ変更の証明を学校に提出する必要があります。
返金は、当ニュージーランド留学情報センターを通じて行われます。
上記規定は学校のキャンセル規定です。当ニュージーランド留学情報センターは、学校の規定を最優先とし、その後、当社のキャンセル規定が適用されます。ご了承下さい。
当社を通してお申し込みになる場合は、上記キャンセル規定をすべて理解し、承認されたものとさせていただきます。
▲TOP
その他
休校日

2017年1月1日〜3日、1月23日(ウェリントンのみ)、2月6日、4月14日〜17日、4月25日6月5日、10月23日、12月25日〜26日、学校お休み:2017年12月22日〜2018年1月7日

▲TOP

その他

大きな地図で見る
宿泊施設 写真集 前の学校 学校一覧 次の学校
Copyright (C) 2006 EX Company Ltd, All rights reserved.