NZ留学情報センターtop image1top image2
親子留学 短期・長期語学留学 ニュージーランド専門留学・移住留学 高校生留学 会社概要

トップ親子留学トップ > 親子留学情報 > ビザについて
ビザについて
3ヶ月未満の現地滞在をお考えの方
保育園、幼稚園、語学学校などの3ヶ月未満の就学プログラムの場合は観光ビザでの渡航となります。(事前のビザ申請は特に必要ありません)。

3ヶ月を越える現地滞在をお考えの方

3ヵ月以上の留学の場合は、お子様の年齢、保護者様の滞在スタイルなどにより、観光ビザ、学生ビザ、保護者同伴ビザ(ガーディアンビザ)を申請、取得して頂きます。ケースバイケースの場合も多く、詳しくは日本のニュージーランド大使館へお問い合わせ頂く場合もあります。

保護者様→
↓お子様
フルタイム
語学学校通学
3ヶ月以上
それ以外
保育園通園
:学生ビザ
:観光ビザ
※移民局の審査次第で、保護者様のフルタイム通学が認められないこともある。
:観光ビザ
:観光ビザ
※最長9ヶ月迄の滞在
小・中・高校
フルタイム通学
:学生ビザ
:学生ビザ
※移民局の審査次第で、保護者様のフルタイム通学が認められないこともある。

:保護者同伴ビザ
:学生ビザ
語学学校
フルタイム通学
語学学校
パートタイム通学
×
:観光ビザ
:観光ビザ
※最長9ヶ月迄の滞在

ニュージーランド親子留学

■観光ビザ、学生ビザの詳細

一般留学ビザ情報ページをご参照下さい。

■保護者同伴ビザ(ガーディアンビザ)について
お子様が学生ビザで正規留学をされる場合に、その保護者(1名のみ)については「保護者同伴ビザ(ガーディアンビザ)」が発給されます。

◇申請条件

同伴するお子様が学生ビザを持ち17歳以下である。またはYear1-13に通学すること。

申請者が、同伴するお子様の実の親、養子縁組による親、遺言による後見人、裁判所が指定した後見人のいずれかに該当すること。
仕事や就学、移民を目的としない、保護者としての本来の目的でのみ申請すること。
ニュージーランドでの滞在費用を有していること。最低でもNZ$1000/月の証明が必要。
ニュージーランドからの出国用チケットか旅行アレンジ内容、チケットを購入可能な費用を証明。
心身共に健康であること
申請者がお子様を日本から出国させる権利があることの証明。(もう一方からの委任状)

◇特徴
お子様の学生ビザと自動的にリンクされます。どちらかのビザが満了した場合には、自動的にもう一方のビザも満了します。
ガーディアンビザは数次観光ビザとして発行され、12ヵ月まで滞在出来ます。
延長はお子様の学生ビザに合わせて現地にて延長可能です。
申請方法は、基本的には観光ビザと同じです。追加提出資料は各ケースによって異なりますが、保護者様とお子様の関係を証明するもの(戸籍抄本など)は、必ず必要になります。
ガーディアンビザ保持者は基本的に就労ビザ、学生ビザの申請はできません。特例としてVariation of Conditionsを申請し、申請内容が認められれば特別に許可される場合もあります。
Variation of Conditionsは、9:30am-2:30pmの間のパートタイムの仕事や就学のみで、申請条件は通常の就労ビザと学生ビザの規定と同様です。
▲TOP

ビザに関しましては、留学スタイルやお子様のご年齢などによって異なってきます。現在ニュージーランドでのビザのご案内に関しましては、ビザコンサルタントのライセンスが必要となっています。弊社は一般に公開されている情報はご提供できますが、それ以上のカウンセリングや情報提供、ご質問にお答えする事はできませんのでご了承下さい。詳しいご相談はライセンスを持つコンサルタントか、日本のVFSニュージーランドビザ申請センターにお問い合わせください。
▲TOP