幼稚園・小学校

ニュージーランドの教育システム − 幼稚園・小学校

ニュージーランドは、その治安の良さ、フレンドリーで気さくな国民性、自然豊かで過ごしやすい気候、差別の少なさと柔軟な受け入れ体制などの理由で、親子留学の渡航先としてもますます人気が上がっています。ニュージーランド留学情報センターでは、お子様の年齢や人数はもちろん、学校や生活全般までをトータルに考え、最適なプランを作成ご提案しています。今まで夢だった留学をお子様と一緒に叶えてみませんか?

親子留学は誰でも可能ですか?

「親子留学」のアレンジは、お子様の人数や年齢、宿泊方法、滞在期間、ビザの種類などの各項目すべてを同時に考える総合的プランが必要となります。そのため、まずはご自身の留学プランをイメージしていくことが大切です。現在は親子共に学校へ通学する形は法律上非常に難しく、お子様の就学を中心にお考え頂くほうがより現実的です。

滞在中の宿泊施設

親子留学の方のホームステイ滞在は、受け入れ家族が非常に少なく、基本的には非常に難しいのが現状です。1-3ヵ月ほどの中期滞在の場合は、通学圏内のコンドミニアムやモーテルなどへの宿泊を、また1年単位の長期の場合はアパートや一軒家などの賃貸物件の契約も考える必要があります。

基本は親お1人+お子様1人、3ヵ月未満の滞在

同伴するお子様がお一人の場合で、滞在が3ヵ月未満の場合は比較的アレンジが簡単ですが、お二人以上になりますと取得するビザの種類や宿泊施設の特別な考慮も必要となり、アレンジが比較的難しくなります。お子様の年齢や期間によってご父兄のビザの種類などが変わってきます。

ビザの種類

観光ビザ、学生ビザ、ガーディアンビザなどの種類があり、学校の種類や期間によってビザの種類が変わってきます。また各ビザにはそれぞれの条件がありますので、その内容に沿ったアレンジが必要です。3ヵ月未満の場合は観光ビザを、それ以上はガーディアンビザ(親)+学生ビザ(子)が一般的です。

 保育園、幼稚園

  • 保育園や幼稚園は0歳から5歳まで受け入れ可能です。
  • 外国人でも空きがあれば受け入れ可能です。場所によっては満席の場合があります。
  • 最初の1週間ほどは慣れ期間として、親も同伴が可能です。
  • 比較的自由奔放な遊びから自主性を伸ばす教育方法です。
  • お子様は英語力は特に必要ありませんが、保護者はある程度必要です。
  • 午前のおやつ、ランチ、午後のおやつはほとんどの保育園で準備します。
  • 多国籍国家なので、宗教やアレルギーなどにも比較的対応寛容です。
  • 受け入れ時間や料金は保育園によってさまざまです。

 小学校

  • 5歳の誕生日から入学可能です。年齢によって学年が決まります。
  • 2週間から1年のお申し込みが可能です。
  • 高い英語力は必要ありませんが、明るい前向きな方が友達が出来やすいでしょう。
  • 必ず保護者の送り迎えが必要です。学校までの送迎方法も合わせて考えましょう。
  • 3ヵ月未満の滞在では、観光ビザでも可能です。
  • 12週間以上の場合は学生ビザかガーディアンビザが必要です
  • 親がガーディアンビザの場合、就学や就業は基本的にはできません。
  • 長い親子でのホームステイはお勧めしません。
  • アパートやモーテル、賃貸契約などをご利用下さい。
  • 親子留学サポートもご提供可能です。
Scroll Up