中学・高校

ニュージーランドの教育システム − 中学・高校

 ニュージーランドの高校のシステム

ニュージーランドの高校の学年

ニュージーランドではセカンダリースクールと呼ばれる学校が日本の高校に該当し、Year9〜Year13(通常は13歳〜17歳)の5年間です。現地の方はYear11の16歳になった時点で終了する場合もありますし、大学進学する方はYear13まで通学します。

高校の種類

ニュージーランドでは私立の高校は非常に少なく、公立校がほとんどです。いずれも留学生を受け入れており、留学生オフィスには担当の先生やホームステイ担当の先生が常駐し、留学生のケアをしています。公立校とはいえ、独自の教育理念を持って運営している学校も多く個性豊かな学校から選択する事ができます。スポーツやラグビーの強い高校、寮のある学校、クリスチャン系の学校、進学校などバラエティーに富んでいます。

私立高校はその施設や理念、プログラムなど、非常に高いレベルの教育を提供する学校も多く、安心して留学できる環境を提供しています。授業料は公立高校にくらべ、1.5〜2倍くらいとなります。入学には高い英語力と学力が必要となります。

年齢と学年

ニュージーランドの学校では、在籍する学年は年齢で分けられますので、生年月日は重要です。基本的には15歳=Year11、16歳=Year12、17歳=Year13となりますが、英語力や学力によって1学年下に入る事も可能です。もしくは、その様に学校から指示される場合もあります。また、年度途中からの入学の場合は同じ学年を2年行う事も普通です。

学年とレベル

Year11からは国内統一のNCEAプログラムが開始されます。
順調に進めば、各学年に対応するレベルの教科の勉強をします。

13歳 = Year9= 一般科目の勉強(必須科目)
14歳 = Year10 = 一般科目の勉強(必須科目)
15歳 = Year11 = NCEAレベル1の勉強(必須科目+選択科目)
16歳 = Year12 = NCEAレベル2の勉強(必須科目+選択科目)
17歳 = Year13 = NCEAレベル3の勉強(必須科目+選択科目)

レベルは学力で決められる。

Year12の学生が皆レベル2の勉強をしている訳ではありません。
たとえば、在籍年がYear12ですが、得意な数学はレベル2を、苦手な理科はレベル1を勉強する事があります。コース選択の時に学年主任と相談の上、決定されます。

進学(日本の大学へ)

海外で2年間の留学をすれば、日本の大学へ帰国子女受験枠で受験ができます。そのため、留学は遅くてもYear12の1学期から開始する必要があります。2学期からの開始ですと2年間を満了できないため、1年だぶって3年間留学となります。理想としては、Year11からの3年間を目指して頂く方が良いでしょう。
一般の日本人留学生はこの帰国子女受験を目指し、日本の大学へ進学される方がほとんどです。

進学(NZや海外の大学へ)

ニュージーランドの大学へ進学する場合は、その大学が規定している単位を高校修了までに取得しなくてはいけません。日本の様な入試試験はなく、すべて書類審査となります。そのため、NCEAのレベル1からレベル3までの中できちんと単位を取得し、University Entrance(大学入学資格)をパスしなくてはいけません。そのため、通常Year11から3年間の留学が必要となります。

進学(ファウンデーションコース)

大学入学を目指している方のファウンデーションコースという特別なコースがあります。大学の予備校みたいな感じですが、このコースを良い成績で修了すれば自動的に大学へ入学可能です。

●現地高校を卒業したが、大学入学の規定の単位が取れなかった方。
●日本の高卒資格を持ち、現地大学に入学を希望している方。
●日本の大学を中退し、英語力がない方。

高校卒業資格

ニュージーランドの高校は成績が悪くても卒業はできます。しかし、卒業はできてもそれが日本でいう「高校卒業資格」と同じ意味ではありません。また、高校を終了したから大学の受験ができる、進学できるという訳ではありません。要は、高校終了時に、在籍中にどの学科の、どのレベルの単位をいくつ取得したかを証明するだけの証明書を受ける事になります。大学進学にはその大学の規定の単位を既に取得していなくてはいけません。
どちらかと言うと、「高校卒業資格」よりは「高校修了資格」と考えると良いかもしれません。

在籍証明書
NCEAからの単位証明
大学入学資格

留学の期間

ニュージーランドの学校はいろいろな期間の受け入れを行っています。日本の夏休みを利用した数週間の体験留学から、学期単位、1年単位、2〜3年間の卒業留学までご希望のプランに合わせて受け入れ可能です。

 ニュージーランドの中学・高校の年間スケジュール

 ニュージーランドの学期は4学期制です。
 各学期の間には2週間のスクールホリデーがあります。
 入学は1学期、2学期、3学期から開始できます。
 出来るだけ1学期からの入学をお勧めします。

 4学期は年末のNCEA試験期間になるので入学はできません。
 各自のNCEA試験が終了すると夏休みになります。
 試験終了から1月末までは学生は日本へ帰国します。
帰国子女枠で受験をする場合は2年間が必要です。

 NCEAについて

NCEA(国内統一試験)

ニュージーランド政府の機関、New Zealand Qualification Autholity(NZQA)(ニュージーランド資格審査評議会)が発行する資格レベルを評価する高校生の国内資格です。基本的に登録と受験は任意となりますが、成績は一生保管されますので、受験をお勧めします。受験は有料で、NZ$383.30 (2018年現在)となっています。

日本の大学の単位制と考えると分かり易いかも知れません。学年とレベルは全く別物なので、個人によって単位取得数やレベル取得はさまざまです。たとえば、Year12(レベル2)の学生で、苦手な数学はレベル1を、得意な音楽はレベル3をという具合に先生と相談の上、履修できます。海外の大学に進学予定の方は、認定科目とそのレベルを卒業までに計画的に取得していく必要があります。

NCEAのレベルと単位数

Level 1~3に分かれ、通常Year 11でLevel 1、Year 12でLevel 2、Year 13でLevel 3の内容の国内統一試験を年末(11月中旬)に受けます。NCEAの統一試験結果は点数評価ではなく「単位制度」です。最終的に規定の単位数が取得できた場合はそのレベルの資格が取得できます。

Level 1 レベル1~3で80単位以上の単位が取得出来れば、レベル1の資格が取得可能。
Level 2 レベル2の教科から60単位以上その他のレベルの教科から20単位以上を取得。レベル1で取得した単位も認められる。
Level 3 レベル3の教科から60単位以上取得レベル2以上の教科から20単位以上を取得

※全てのレベルで英語と数学の必要単位も取得が必要です。

 勉強できる選択科目

Year 10 までは、学校側が時間割を決定します。English(英語)、 Maths(数学)、 Science(理科)、Technology(技術家庭科)、 Social sciences(社会)、 Languages(言語)、The arts(芸術)、 Health and Physical education(保健体育)に、留学生の場合にはESOL(留学生用英語補習クラス)も割り当てられます。

Year 11 (NCEA Level 1)は、必須科目 English(英語)、 Maths(数学)、 Science(理科)以外に、数科目を選択することができます。

Year 12 (NCEA Level 2)は、ほとんどの学校でEnglish(英語)は必修。それ以外は学校によります。

Year 13
 (NCEA Level 3)は、基本的に「必修科目」はありません。

選択科目は学校によって差がありますので参考までにご覧下さい。教科は学年が上がるにつれて細分化されます。

The Arts Music(音楽)、Painting(絵画)、Photography(写真)、Printmaking(印刷)、Dance(ダンス)、Drama(演劇)、Art History(美術史)
Health & Physical Education Healths Studies(保健)、Physical Education(体育)、Outdoor Education(アウトドア教育)
Languages English(英語)、ESOL(第二言語としての英語)、各外国語(日本語・フランス語・中国語・スペイン語等)
Mathematics Statistics(統計学)、Calculus(微分)、Maths Applied(応用数学)
Science Physics(物理)、Chemistry(化学)、Biology(生物)
Social Science Geography(地理)、History(歴史)、Stocial Studies(社会)、Accounting(会計学)、Economics(経済学)、Travel & Tourism(旅行関連学)
Technology Food & Nutorition(栄養学)、Textile(被服)、Hard Materials(技術)、Graphics(グラフィック)、Hospitality(ホスピタリティー)、Early Childhood(児童発達学)、Computing(コンピューター)

 大学入学資格 (University Entrance)

ニュージーランドで大学へ進学する場合は、高校在学中に大学入学資格(UE)を取得し、NCEAの成績などを書類審査で査定されるシステムです。日本の様に大学入学試験を受験するというものではありません。UEは高校を終了したからといって自動的に大学入学資格が取れるものではありません。進学する学部が必要とされる規定の単位を在学中に、Year11から計画的に取得しておく必要があります。そのため、最終学年のYear13で慌てても間に合わない場合もあります。
日本人留学生でも、計画的に勉強し、単位を取得していけば直接入学する事も可能です。卒業までに大学入学資格が取れない学生は、大学が認めているファンデーションコース(予備校みたいなもの)で勉強し、希望の大学に進学する事も可能です。

 大学入学資格は大学入学を保証する物ではありません。
 以下の内容をクリアしないと大学入学資格は取得できません。
 日本の大学も「UE」の取得を条件とする学校が増えています。

Approved subject listに含まれるLevel3以上の教科から14単位
Approved subject listに含まれるLevel3以上の教科で1.で選択した教科以外から14単位
その他の1または2分野から、Level3以上を14単位
Level 1以上の計算(Numeracy)分野から14単位
Level 2以上の読み書き(Literacy)分野から8単位。内4単位はReading分野、残り4単位はWriting分野であること。

 高校留学の準備と心得

ニュージーランド留学の準備と心得

  • 1. まずは留学の目的や理由を親子でじっくりと考え、間違いのない留学プランを立てましょう。
  • 2. ネットやエージェントから正確な留学情報を聞きましょう。
  • 3. 留学スタイルを決めましょう。短期体験留学、1年留学、2−3年の卒業留学などなど。
  • 4. 誠実で正確、信頼のできるエージェントを見つけましょう。
  • 5. 留学書類の準備。*過去2年間の成績表 *校長や担任からの推薦状か紹介状 *自己紹介文など
  • 6. 学校お申し込み書、残高証明書、航空券、海外旅行保険などの準備も進めましょう。

ニュージーランドの留学エージェントを決定しましょう。

  • 1. 質問に対し的確な返答を貰えるか。返答は早いか。ごまかされていないか。
  • 2. 学校との関係、現地校での認知度、良い評判があるか。
  • 3. 学生に合った学校ではなく、決まった学校のみを押しつけていないか。
  • 4. 現地の事情に詳しいか。担当者がNZ留学経験があるかどうか。
  • 5. 料金とサービスのバランスが取れているか。
  • 6. 学校からの領収書などを提示、料金を明確にしているか。
  • 7. 在学中のスタディーサポートや、受験進学カウンセリングまで行っているか。
  • 8. 日本の保護者が現地カウンセラーやガーディアンと直接連絡が取れるかどうか。(禁止の会社もあります。)
  • 9. 契約内容や期間、キャンセル規定が明確か?(契約が長期の会社もあります)

 高校留学キーワード

フォームクラスと授業クラス

在籍クラスのことを、フォームクラスと言います。朝はそのクラスで担任(フォームティーチャー)がホームルームを開き、出席や連絡事項を通知します。その後、自分の時間割に沿って学習クラスに移動します。たとえば自分はLevel2の数学クラスへ、友達はLevel1の理科クラスへという感じです。

学科の単位

Year11からは選択科目があり、各学生によって選択する教科は異なります。その年に単位を取得できないと、学年が上がっても次のレベルへ進めなかったり、同じレベルの教科を再学習する場合もあります。単位は日々の課題・宿題・授業態度を含めて、試験に合格することで取得できます。試験には校内試験と、年末のNCEA全国統一試験の2種類があります。

自分だけの時間割

学年のはじめに、進路、レベル、英語力、希望教科などを学年主任と一緒に総合的に考え、調整をしながら作ります。2学期からの入学の場合にはご希望の科目が取れない場合がありますので注意が必要です。

ESOL(留学生用英語クラス)

ESOLとは、English Speaker of Other Languagesの略で、留学生の為の英語補習クラスを指します。留学生を受け入れている現地学校は基本的にESOLクラスを提供していますが、週当たりのESOLの授業数やレベル数は学校によって異なります。授業では、数学や理科などで必要な用語や言い回し、レポートの書き方や発表の仕方などを学びます。英語のレベルが低い学生はESOLの時間が多くなり、一般科目の選択数が少なくなり、ひいては卒業までに取得できる単位に影響がでてくるので要注意です。

ユニフォーム

日本と違い、実用性を重視しているので、ファッション性は期待しない方が良いでしょう。ブレザー主体の学校と、シャツやトレーナーなどの学校もあります。制服は校内で購入できたり、学校指定のお店に買いに行く場合もあります。制靴は黒が基本です。学校によってひも靴を指定していたり、ローファーも許可しているところもあります。
 

クラブ活動

部活によっては、季節限定のものもあります。主な例はテニスや水泳など、スポーツ系のものです。活動の頻度も、日本のように頻繁ではありません。週に平均1~3回の活動が一般的で、週末に対抗試合などが行われます。もっと本格的に練習をしたい方は地域のクラブチームなどに参加するのも一般的です。

ホームステイ

留学生のほとんどがホームステイをします。ホームステイは、家族の一員として、現地のご家族にお世話になることになります。移民の多いニュージーランドでは、ヨーロピアン家族だけでなく、いろいろな人種(アジア系やインド系)の家庭もあります。基本的には個室が準備され、ベッドや机、椅子など、生活に必要なものは整っています。シャワーの時間や門限、各家族のルールを守り、ホストファミリーと良い人間関係を築けるよう努力が必要です。

寮のある学校

ニュージーランドで寮がある学校は非常に数が少ないのが現状です。ニュージーランドの寮は日本の方が考える寮ほど設備は良くありませんが、規則正しい生活、皆と同じ食事、決まった勉強時間などを習慣づけるには非常にお勧めです。寮の留学生枠自体が少なく、また希望者は多いので早めの申し込みが必要となります。また、学期間のお休みの時は寮が閉鎖されるのでホームステイへ移動が必要です。

 お問い合わせ・お申し込み

お申し込みご希望の方は中学・高校 お申し込みフォームリンクより入力し申し込み下さい。
お問い合わせフォームよりご質問も承っています。
学校一覧ページより学校の詳しい情報をご覧いただけます。

中学・高校
申し込みフォーム

お問い合わせ
ページへ

学校一覧
ページへ

Scroll Up