NZ留学情報センターtop image1top image2
高校生留学 短期・長期語学留学 ニュージーランド専門学校・移住留学 親子留学 会社概要

トップ中学・高校留学トップ > 中学・高校留学情報 > 留学の心得
ニュージーランド中学・高校留学の家族の心得
10代という若さでの留学。
学生さん本人はもちろん、家族の方にとっても人生の一大イベントです。保護者さまもお子様も留学に対するきちんとした共通の認識を持ち、じっくりと計画を立てましょう。

このページは、ご家族で読んでいただき、留学に向けての心の準備を進めていただく為のページです。

この留学を成功するために、ニュージーランド留学情報センターがお手伝いします。

留学の目的を親子で再確認しましょう

ニュージーランドに留学を決めたら、まずは留学に対する気持ちや目的を親子で再確認しましょう。親子で留学目的をきちんと把握し、目的のある留学を実行しましょう。留学には多額の資金も必要ですし、人間形成の観点からも大きな決断です。生半可な決心では成功しない場合もあります。
英語の習得の為、高校卒業の為、 海外大学進学の為、不登校やいじめからの脱出などなど、いろいろな理由があるかも知れません。留学を決心する前に、今一度親子で留学のイメージも含めじっくりと話し合いの時間を持ちましょう。


最初の数ヶ月は、「親子で一緒に頑張ろう」の心がけ

お子様にも保護者様にとっても最初の数ヶ月は特にきつい時期となります。お子様からはホームシックや環境の変化からくる、弱音やわがままが出やすい時期です。また保護者様もお子様の報告に非常に敏感に、過度に反応してしまう傾向があります。
保護者様も、ホームステイの様子や学校の様子が気になると思いますが、お子様の方からの連絡でない限り、過剰な日本からの電話は避けましょう。ご父兄も子離れするチャンスだと思い、お子様と供に頑張りましょう。適度な間隔で連絡を取り合い、少し距離をあけながらも「お互いにきついけれど、一緒にがんばろうね」という前向きな気持ちを常に持つようにしましょう。
お子様に自立心を持たせるために留学をしても、毎日のように電話やスカイプで話しをしていては本末転倒となる場合が多々あります。


部屋でのインターネット利用は生活が落ち着いてから

インターネットは非常に便利ですが、使い方を間違うと留学生活の大きな問題になります。
当社では、学生さんが現地の生活に慣れるために、インターネットの自室での利用は最初の6ヵ月間お勧めしていません。ホームステイとの関係が上手く作れずに自室に閉じこもり、インターネットに心のよりどころを求める学生が多く、その弊害が多いのが現状です。深夜までネットを使い睡眠不足になる。動画サイトにアクセスし多額の請求をされる。お休みの日も部屋でひとりでネットと供に過ごす。などなど、まずは日本の生活習慣を変え、現地の生活に慣れるようにしましょう。
もちろん、インターネットカフェや学校、図書館などでインターネットは利用できますので、日本との連絡はそのような施設を利用しましょう。


「郷には入れば郷に従え」
english meal
イギリス風の料理が中心
お子様はニュージーランドで全く新しい文化や生活習慣を学ばなければいけません。今まで当たり前と思っていた日本の常識が、現地では常識でないことが多々あります。
例えばイギリス風の基本的に質素な食生活や、バスタブがなくシャワーは5-10分までというような生活習慣。部屋が寒いのにあまりヒーターを使わない。夜遅くまでテレビを見たり、長電話をしないなどなど。快適な日本で自由に過ごしてきた10代の若者には、なかなか辛い点です。
「郷には入れば郷に従え」の通り、日本の習慣や文化をそのまま持ち込まずに、現地の生活習慣を学ぶことも留学の意義の一つと考えて下さい。

現地ガーディアンサービスをご利用になる学生さんには、生活開始時に生活オリエンテーションを行います。学校やホームステイでの生活の仕方、バスの乗り方、外出時のルールなどについて詳しく説明します。

門限も日本に比べ非常に早いです。
学生さんの年齢や学年などによって、また学校やホームステイの規則によって門限が決められますが、一般的に日本に比べ非常に早い門限となります。比較的安全な国と言われていますが、日本ほど安全ではありません。夜の町は非常に危険ですので、門限を守り生活をしましょう。
平日(月ー木)は夕食時間の6-7時まで、金曜と土曜は夜9時まで、日曜は夕食時間までというのが一般的です。夜の外出は認められていません。
もちろん、決められた門限を守らずに生活を続けていくとホームステイから学校へ連絡が行き、処分の対象となります。最悪は退学となる場合もありますので気をつけましょう。

外泊は許可が必要です。
生活に慣れてくると、友達の所に泊まりに行ったり、また友達を呼んで宿泊する事も可能になりますが、もちろんホームステイ先とガーディアンの許可、ご両親の許可が必要となります。当社ガーディアンの場合は、両方の学生のホームステイホストに許可を求め、お互いの連絡先などを把握した上で許可をいたします。

日本の保護者・学校・当社の相互協力体制で健全な留学生活を。
当社のガーディアンサポートをご利用の学生さんには、現地生活を安全に送ることができるよう、アドバイスやサポートを提供します。帰宅時間や学校・ホームステイ先での態度について、時にはきつく注意することもありますが、全て学生さんの安全・成長を第一とした行動です。
現地ガーディアンとして、小さな約束事や決定は当社の判断で行うこともありますが、保護者様にもメールなどでご一報致します。また、当社は学校の留学生担当スタッフや先生、ホストファミリーなどと常に連絡をとり連携をとった上で、お子様に最善と思われる決定をし学生をサポートします。
日本の保護者様、当社、学校担当者がそれぞれの役割を認識し、学生が健全な留学生活を送ることが出来るよう、協力体制を作っていくことが何より大切です。
   
ホームステイでのコミュニケーション
現地ではホームステイでの生活です。他人の家で、全く違う習慣の家族と一緒の共同生活ですから最初は戸惑う事も多いですが、一ヶ月も経てば慣れることでしょう。もちろん英語でのコミュニケーションは難しく、上手に自分の意思を伝えるのに苦労すると思いますが、頑張ってコミュニケーションをとりましょう。英語はコミュニケーションの一つの道具です。伝えようという意思があれば、必ず伝わります。
分からない時には分からないと伝え、誤解にならないようにしましょう。誤解から大きな問題になることもしばしばあります。また、コミュニケーションが取れないからといって、自分の部屋に閉じこもるのも良くありません。あくまでも家族の一員として家庭のルールを守り、生活をしていく必要があります。
 
課外活動や趣味
英語を習得し、現地生活に馴染むためには、現地学生と友達になるのが一番の早道です。このためには、学校のクラブ活動や、地元のコミュニティースクールなどへの参加がお奨めです。日本の学校と違い、ニュージーランドの学校では部活動があまり活発ではなく、活動は週に1〜3回程が一般的ですが、様々な人たちと知り合いになることが出来ると共に、英語にもふれる事ができます。
また、留学中に特に力を入れた活動は、帰国子女受験での面接にもプラスになる傾向があります。
 
学校での勉強
留学を成功させる為には、目的意識をもって積極的に勉強をする事が大切です。語学学校では英語の勉強を集中的に行いますが、現地中学や高校では英語を使った各教科の勉強も始まります。英語で数学や理科などの授業を受け、試験をパスしていくわけです。問題は分かるけれど英語力が無いために質問自体が分からないことも多々あります。また日本で基礎教育をきちんと受けていない学生は、問題の内容自体も分からない為、どんどん落ちこぼれていく場合もありますので、日本で出来るだけ英語力と、基礎学力をつけてから留学に望みましょう。高校入学後は積極的に質問をしながら、真面目に地道な努力を重ねる必要があります。
スタディーサポート もし学校での授業について行けない場合は、当社の日本語での「スタディーサポート塾天」などの補習塾を併用し、少しずつ実力をアップするようにしましょう。学校の放課後や土曜日・日曜日にたくさんの高校生が利用し学力アップをしています。
 
留学後の進路も親子で話し合い
ニュージーランドへ留学して何をしたいか、将来どういった道へ進みたいか等を、親子で真剣に考えることも大切です。現地高校の後半(Year11〜)では、こういった進路や目標を基に選択科目を決定していきますので、出来るだけ早く大体の進路は決定しておいた方が先々有利と言えます。
また、帰国子女枠・自己推薦枠で日本の大学進学をお考えの場合は、進学される大学や学部によって受験資格・内容が異なる為、日本の大学に関する情報収集や手続きは留学中に早めに少しずつ調べていくようにしましょう。大学願書受付が始まって、TOEFLなどの英語試験を受けたり、卒業の単位が足りなかったりして慌てる方もいます。
  
日本の高校への編入
ニュージーランドで留学後、日本の中学・高校へ編入をお考えの場合、まずは日本の受入先に編入条件を確認してください。ニュージーランドと日本では、教育システムも教科の進み具合も異なる為、履修教科のレベルを編入条件に挙げているのであれば、具体的な履修内容(例:数学の因数分解、連立方程式など)も確認すると良いでしょう。