高校留学体験談  
 

日本では感じられない価値観や新たな考え方を知り、この1年間自分にしかできない留学ができた。

市來 海 くん

なぜ留学しようと思いましたか?
元々、海外で生活することに興味があり、視野を広げるために留学することを決めました。

留学を決意するまでどんな気持ちでしたか?
日本での生活とは違う環境で生活できると思い、期待しました。また日本の高校よりも自由に学校生活が送れると思っていました。

ニュージーランド到着時の気持ち、驚いたことなど。
漠然と一年間ここで生活するのだと思いました。そして日本とニュージーランドの文化の違いを初日から感じ、ニュージーランドにはない日本の「おもてなしの心」のすごさを実感しました。

語学学校について
とてもフレンドリーな楽しい先生の授業を受けられて、毎日充実していました。授業内容はとても難しいこともなかったですし、現地の学校で役に立つ英語のフレーズなども学ぶことができました。
タイの学校が夏休みだったということもあり、タイからの留学生が8割を占めていて、タイ人の多さに驚きました。タイの子はみんなフレンドリーで、何よりとても親日家でした。そのため、たくさんのタイの子と日本の話をしたり食事をしに行ったりと仲良くすることができました。

現地学校について
僕は、第2学期から次の年の第1学期の終わりまで一年間、Howick Collegeという学校に留学しました。その学校の周辺地域は移民した中国人の方々が多く住んでいたので、学校には白人系、マオリ系のほか、中国系の学生もたくさんいました。留学生用の英語の授業には8、9割が中国人の生徒でまるで中国の学校のように中国語があふれていました。またこの学校はとても自由でいろんなことに驚きました。授業中におなかがすいたら野菜サラダをその場で食べている子がいたり、先生が手作りケーキを持ってきてくれてその学期が終わることをみんなで祝ったりしました。
 授業科目は、留学生担当の先生と相談しながら自分で選択します。僕は最初は、留学生用の英語の授業を受けていましたが、次の学期からは英語を母国語としている生徒の英語のクラス、ネイティブ英語にも挑戦してみました。日本の国語のようなものなので、内容はとても難しく、つらいときもありましたが、何よりクラス内で飛び交っている英語がネイティブそのものの英語だったのでとても刺激になってよかったです。またジオグラフィーのクラスを取り、この授業もとっても難しかったです。地理の専門用語や日本の大学でやるようなとても詳しい内容を勉強しなければいけませんでした。単元ごとのテストでは合格以上の評価をもらえて嬉しかったです。
このように挑戦の多い教科を取っていたので大変でしたが今ではやりがいのある留学だったと思います。

ホームスティについて
2つのホームステイを経験しましたが、対照的な2つの家庭で、今思えばいい思い出です。
 1つ目は、ホストファミリーと食事を一緒にすることはなく、もう一人の留学生と食事をしました。ホストファミリーとしゃべる機会があまりなく残念でした。
 2つ目は、とてもやさしい家族でした。僕の英語の勉強を手伝ってくれました。夕食後に簡単な英語の本を一緒に読んでくれたり、英語の作文をチェックしてくれたりしました。また、ファミリー全員と食べる食事では、みんなの話が最初は慣れず聞き取れませんでしたが、徐々に会話の内容が分かるようになり、とても楽しかったです。日曜日に時々、ドライブに連れて行ってくれたり、土曜日に近くで開かれるナイトマーケットにも連れて行ってくれたりしました。自分だけではいけない場所にも行けて良かったです。

今後について
日本の高校二年生の時に留学したので、その日本の高校に戻り、高校三年生を修了して大学進学をしたいと思います。

ニュージーランド留学情報センターについて
ニュージーランドにスタッフさんがいるということで、とても安心しました。わからないことや困ったことがあればすぐに相談ができ、とても助かりました。

後輩へのアドバイス
ニュージーランドと日本の文化は全くといっていいほど違います。だからこそ、留学することは日本では感じられない価値観や新たな考え方を知ることができて、とてもいいと思います。僕は、この1年間、自分にしかできない留学をしたと思っていて、それがとても楽しかったです。皆さんも自分にしかできない留学をしてみてください。


NZ留学情報センター:ホームへ戻る