高校留学体験談  
 

英語が話せないからこそ感じとれたものがたくさんありました。

みつきさん

なぜ留学しようと思いましたか?
どちらかと言うと母に勧められたからですが、英語力の向上や海外の文化への興味があり、留学を通して視野を広げる為にトライしてみました。

留学を決意するまでどんな気持ちでしたか?
初めての海外旅行で、一人旅行だったので、すごく不安でした。英語は特に得意ではなかったので、現地で英語での話が理解できて、話せるか不安でした。もちろん、学校やホームステイ先での生活も不安でしたが、いろいろな資料や現地スタッフの方の話しを聞いてすごく楽になりました。
一方、新しい国での体験は、日本との文化の違いや食事の違いを感じたり、世界観を広げることもできると思い、ワクワクする気持ちもありました。もちろん現地の学校での外国のお友達ができるかもしれないことも楽しみでした。

ニュージーランド到着時の気持ち、驚いたことなど。
ホームステイに入ってからは一人を更に実感し、不安な気持ちで一杯でした。その反面、今から未知の世界に行くというわくわくな気持ちもありました。

語学学校について
今回は2週間の現地高校体験プログラムの為、英語学校には行ってません。

現地学校について
話に聞いていたESOLクラスは受けなかったので英語の上達はあまり感じなかったのですが、バディーと一緒に普通のクラスに入って授業を受けました。英語での勉強はうっすらと理解は出来ましたが、クラスメートがとてもいい人たちで楽しく過ごせました。バディーになってくれた学生さんがとってもいい子だったので、さらに楽しい体験が出来たと思います。学生はみんなとにかく明るく、楽しかったです。
思ったことをすぐ行動に移したり、言いたいことを言うことの大切さを感じ、日本の学校との違いに日々驚かされました。

ホームスティについて
到着するまでは、料理は口に合うのか、やさしい方々なのか、規則は厳しくないかなど不安でいっぱいでした。でも、ホームマザーもホームファザーもとっても優しく接してくれ、お料理も凄くおいしかったです。
ホームステイ先は、むしろ不安を消してくれる、癒してもらえるような場所だったと思います。朝も夜もずっと一緒にいて、一緒に生活できるからこそ、より近い関係になれたと思います。

英語はあまり通じなかったけれど、言っていることが分からなかったときに何度も言い換えてくれ、何とか
伝えようとしてくれました。自分も身振り手振りで伝えようとしたので、なんとか意志疎通ができました。ホストファミリー同士がとても仲良く、生活しやすい環境でした。

今後について
もともととても語学に興味があったわけではありませんでしたが、英語が話せたらきっともっと楽しかったと強く思ったので、日常会話ができる様になりたいと思いました。クラスの友達は、いろいろな趣味や夢を持っていたので、自分も好きなことを見つけたいと改めて思わされました。

ニュージーランド留学情報センターについて
ラインを教えてもらったことにより常に安心していられた。すごく親切でした。私のこと以上に私の事を考え、心配してくれていたように感じ、凄く頼りになりました。外国に対する不安を減らしてくれ、初めての留学を純子さんと徳永さんに支えてもらってよかったです。とっても感謝しています。

後輩へのアドバイス
不安でも行ってみたら本当に楽しいし、いろいろと大切なことに気付ける大切な時間になると思います。英語を話せなくても、だからこそそこに生まれる人の優しさや、改めて英語を頑張ろうと思う気持ちなど、いろいろな気持ちに気付ける体験でした。今、不安に思っている方は、まずは体験してみると良いと思います。純子さん、徳永さんありがとうございました。とっても楽しい時間でした。


NZ留学情報センター:ホームへ戻る