ニュージーランド留学情報センターtop image1top image2
短期・長期語学留学 専門留学・移住留学 親子留学 高校生留学 会社概要

トップ一般留学 > コンテンツ > ファームステイ
ファームステイ ファームステイお申込み
ファームステイ

ニュージーランドはファーム天国。いたるところにファームがあり、そこに滞在しながらの生活は日本では考えられないような経験で、一生の思い出になることでしょう。酪農型ファームや果樹園型ファームなど種類も様々で、それに合わせてファームの内容が変わってきます。
仕事としてファームに泊まり込む「労働型ファーム」、ちょっとファームを覗いてみたいという「体験(観光)型ファーム」など滞在形式にも種類があります。
日本ではめったにできない体験ですから、是非ファームステイの本場ニュージーランドで試してみてください。

 体験(観光)型のファーム
体験(観光)型の場合は、有料の滞在方法ですから、お客様としてファームから迎えられます。動物に餌を与えたり、羊の毛刈りを見たり、トラクターに乗ったり、乗馬をしたりと楽しいアクティビィティーを体験することができます。ファームの作業はもちろん強制ではありませんので手伝う必要はありませんが、体験したいという方は大歓迎。だいたい週末の1泊2日の滞在や、多くても1週間ほどの滞在をお勧めします。
 仕事の為のファーム、ファームエクスチェンジ
ファームにて労働力を提供する代わりに、滞在費、食費が無料になるエクスチェンジワークです。もちろん仕事をするために行くのですからかなり重労働のファームもあります。また体験型ファームのような「和気あいあい」の様な雰囲気はありませんのでご注意ください。ファームによっては、家族の一員としてというより、季節労働者として待遇されます。 生活費を節約しようと思っている方向きのシステムです。

ファームにも牧場系のファームと、果樹園系ファームがあります。
牧場系は比較的年間を通して仕事はありますが、果樹園系は季節によって需要が変わってきます。最盛期の春から夏(7月〜4月くらい)にかけてが一番仕事が多い時期となります。
果樹園では剪定から間引き、ピッキング、箱詰め、シール貼り、柵の補修などなどがあります。

ファームとの契約によって、また仕事内容によってお給料が変わってきますが、大体週に250-300ドルほどの収入になるでしょう。

ファームに直接行って仕事を求めるよりは、事前にファームリストから予約をしたほうが何かと便利です。出迎えをお願いしていれば、最寄りのバス停に迎えに来てくれますし、どのような仕事をするかを事前に知ることもできます。ニュージーランド留学情報センターでは、以下のファーム団体への参加をお勧め致します。

【農場系ファーム】  Wwoof NZ(ご自身でのお申し込みとなります)
【果樹園系ファーム】 Farm Helpers in NZ (FHiNZ) (当社よりお申し込み可能です)

ファームステイお申込み